「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



森まゆみ

もり・まゆみ

1954年、東京都文京区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。地域雑誌『谷中・根津・千駄木』を1984年に仲間とともに創刊、2009年の終刊まで編集人を務める。作家・編集者。日本ナショナルトラスト理事。著書『谷中スケッチブック』(ちくま文庫1994)『明治東京畸人傳』(新潮社1996、中公文庫2013)『抱きしめる、東京』(講談社文庫1997、ポプラ文庫2010)『寺暮らし』(みすず書房1997、集英社文庫2006)『鴎外の坂』(新潮社1997、芸術選奨文部大臣新人賞、新潮文庫2000)『一葉の四季』(岩波新書2001)『「即興詩人のイタリア」(講談社2003、JTB紀行文学大賞、ちくま文庫2011)『東京遺産』(岩波新書2003)『彰義隊遺聞』(新潮社2004、北東文芸賞、新潮文庫2008)『女三人のシベリア鉄道』(集英社2009、集英社文庫2012)『明るい原田病日記』(亜紀書房2010)『『青鞜』の冒険』(平凡社2013、紫式部文学賞)『女のきっぷ』(岩波書店2014)『「谷根千」地図で時間旅行』(晶文社2015)『森のなかのスタジアム』(みすず書房2015)など多数。


 

森まゆみ の書籍一覧

  • 森のなかのスタジアム
    森のなかのスタジアム新国立競技場暴走を考える
    [著者] 森まゆみ  
    2011年2月の「ラグビー議連」による決議に始まり、2012年11月の国際デザイン・コンクールによるザハ・ハディド案決定、2013年9月 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 978-4-622-07949-1 C0036
    • 2015年9月25日発行
  • 町づくろいの思想
    町づくろいの思想
    [著者] 森まゆみ  
    〈まず家の基礎だけが白く残る海べりから、ほんとうに必要なものを選んで、すこしずつ作っていこう。 春になったらまず木のデッキがほしい。そこに麻のテントを張り、小さな椅子に座り、風の吹 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/256頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 978-4-622-07710-7 C0095
    • 2012年7月9日発行
  • 富岡日記
    大人の本棚
    富岡日記
    [著者] 和田英   [解説] 森まゆみ  
    著者・和田英が明治40年頃、病気の母を慰めるために書きはじめた本書は、群馬県富岡につくられた官営富岡製糸場の伝習工女として、著者16歳の明治6年、同郷の長野県松代の女子15名とともに出立 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/208頁
    • 定価 2,700円(本体2,500円)
    • ISBN 978-4-622-08087-9 C1395
    • 2011年2月17日発行
  • のれんのぞき
    大人の本棚
    のれんのぞき
    [著者] 小堀杏奴   [解説] 森まゆみ  
    「生れた家のある本郷の団子坂から、谷中、上野桜木町を経て、根岸へ通じるあの辺一帯はたとえどんな道筋でも、横丁でも、私には見覚えのあるものばかりで、もし夢にどこか解らないがよく知って ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/200頁
    • 定価 2,808円(本体2,600円)
    • ISBN 978-4-622-08082-4 C1395
    • 2010年9月17日発行
  • プライド・オブ・プレイス
    プライド・オブ・プレイス
    [著者] 森まゆみ  
    人はどんな土地にも住む権利がある。しかし実際には、たまたまその土地と遭遇したり、あるいはたまたま代々住んできたにすぎなかったりする。しかし、それはその人にとってただの空間(スペース ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/240頁
    • 定価 2,376円(本体2,200円)
    • ISBN 4-622-07151-7 C0095
    • 2005年8月18日発行
  • 遍歴
    神谷美恵子コレクション
    遍歴
    [著者] 神谷美恵子   [解説] 森まゆみ  
    「どのようにもののみかた、考えかたが変ってきたか、これこそ心をもつ人間の歴史といえるものではないかと思う。……だからこれから書くのは自叙伝というよりは、ちっぽけな頭で感じたり、考え ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/356頁
    • 定価 1,944円(本体1,800円)
    • ISBN 4-622-08184-9 C0311
    • 2005年3月24日発行
  • グラン・モーヌ
    大人の本棚
    グラン・モーヌある青年の愛と冒険
    [著者] アラン=フルニエ   [訳者] 長谷川四郎   [解説] 森まゆみ  
    「優等生フルニエ、劣等生ラディゲ。死からほんのわずか脱け出して、やがてまたすぐそこへ帰ってしまったこの二人の近眼の人間は、お互いにちっとも似ていはしなかったが、彼らの残した小説は、 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/336頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-08055-9 C1397
    • 2005年2月24日発行
  • 林芙美子 放浪記
    大人の本棚
    林芙美子 放浪記
    [著者] 林芙美子   [解説] 森まゆみ  
    私は宿命的に放浪者である。 私は古里を持たない。 冒頭の有名な一節で始まる林芙美子の『放浪記』は、1930(昭和5)年7月に改造社から単行本として刊行、ベストセラーとなった。その後『続放 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/280頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-08044-3 C1395
    • 2004年2月5日発行
  • にんげんは夢を盛るうつわ
    にんげんは夢を盛るうつわ
    [著者] 森まゆみ  
    晴れた日は仕事の手を止めて散歩がしたくなる。 根津神社で鳩を眺めて昼寝とか。 谷中墓地の奥の方で石碑を読むとか。 小石川植物園でスケッチするとか。 いつも小さな原稿用紙の枡目を手で埋め ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/216頁
    • 定価 2,052円(本体1,900円)
    • ISBN 4-622-07001-4 C0095
    • 2002年8月20日発行
  • その日暮らし
    その日暮らし
    [著者] 森まゆみ  
    「その日暮らし」とは、ハンド・トゥ・マウスの意味ではない…むしろ、未来のために現在を犠牲にしない生活をさす。〈始終何物かに策うたれ驅られて〉(森鴎外「妄想」)生きるのは嫌だ。ローン ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/208頁
    • 定価 2,052円(本体1,900円)
    • ISBN 4-622-04515-X C0095
    • 2000年1月20日発行