「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



村山敏勝

むらやま・としかつ

1967年生まれ。1994年、筑波大学文芸言語研究科博士課程中退。2005年、筑波大学人文社会学研究科博士号取得。元成蹊大学文学部助教授(2006年歿)。英文学専攻。著書 『(見えない)欲望へ向けて――クィア批評との対話』(人文書院、2005年)。共著 『からだはどこにある?――ポップカルチャーにおける身体表象』(彩流社、2004年)、『病と文化』(風間書房、2005年)。訳書 デイヴィッド・ハルプリン『聖フーコー』(大田出版、1997年)。共訳書 ジュディス・バトラー、エルネスト・ラクラウ、スラヴォイ・ジジェク『偶発性、ヘゲモニー、普遍性』(青土社、2002年)、マーク・シェル『地球の子供たち』(みすず書房、2002年)、ジョアン・コプチェク『女なんていないと想像してごらん』(河出書房新社、2004年)など。


 

村山敏勝 の書籍一覧