「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



鈴木仁子

すずき・ひとこ

1956年岐阜県生まれ。名古屋大学文学部卒業。名古屋大学大学院文学研究科修士課程中退。椙山女学園大学教授。翻訳家。訳書に、ツムトア『建築を考える』『空気感(アトモスフェア)』、クリューガー『生きつづける』(以上みすず書房)、ケルナー『ブループリント』(講談社)、ハントケ『私たちがたがいをなにも知らなかった時』(論創社)、トゥルコウスキイ『まっくら、奇妙にしずか』『おそろし山』(河出書房新社)、ゼーバルト『アウステルリッツ』『移民たち』他ゼーバルト・コレクション全6冊(白水社)など。


 

鈴木仁子 の書籍一覧

  • 空気感(アトモスフェア)
    空気感(アトモスフェア)
    [著者] ペーター・ツムトア   [訳者] 鈴木仁子  
    ペーター・ツムトアは その建物がなんのために使われるのか、という問いから出発する。 そこで何が起こるだろう?! と。 根底にあるものに、彼はどんな建築家よりも心をくだく。 見つめ抜き、 ...
    • 変型判 タテ190mm×ヨコ200mm/76頁
    • 定価 3,672円(本体3,400円)
    • ISBN 978-4-622-07869-2 C0052
    • 2015年7月10日発行
  • 建築を考える 特装版【特装版】
    建築を考える 特装版【特装版】
    [著者] ペーター・ツムトア   [訳者] 鈴木仁子  
    初の翻訳書の刊行を記念した、ツムトアのアートディレクションによる日本語版オリジナル企画。 「いまだ未来にある現実を指し示していくようなドローイングが、私の仕事では重要になる。したが ...
    • A5変型判 タテ210mm×ヨコ146mm/120頁
    • 定価 16,200円(本体15,000円)
    • ISBN 978-4-622-07679-7 C0052
    • 2012年12月21日発行
  • 建築を考える
    建築を考える
    [著者] ペーター・ツムトア   [訳者] 鈴木仁子  
    素材、土地がもつエネルギー、構造と細部、光と影の設計に徹底的にとりくみ、詩的で情感にみちた、類稀なる建築空間を生み出してきたスイスの巨匠ペーター・ツムトア(ピーター・ズントー)。 ...
    • A5変型判 タテ210mm×ヨコ146mm/120頁
    • 定価 3,456円(本体3,200円)
    • ISBN 978-4-622-07655-1 C0052
    • 2012年5月18日発行
  • 生きつづける
    みすずライブラリー
    生きつづけるホロコーストの記憶を問う
    [著者] ルート・クリューガー   [訳者] 鈴木仁子  
    1931年にオーストリアのウィーンに生まれたルート・クリューガーは、母親とともに強制収容所に移送されたとき、まだ10歳だった。戦後も45年を過ぎ、彼女は〈生き残り〉としての闇を抱えながら、 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/360頁
    • 定価 2,916円(本体2,700円)
    • ISBN 4-622-05020-X C0336
    • 1997年12月15日発行