「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



坪内祐三

つぼうち・ゆうぞう

1958年、東京生まれ。早稲田大学大学院文学研究科英文学専攻修士課程修了。雑誌『東京人』の編集者となる。1990年からフリーの活動を開始。1997年、最初の単著『ストリートワイズ』(晶文社)を上梓、以来著書多数。著書に『アメリカ』(扶桑社)、『慶応三年生まれ七人の旋毛曲り――漱石・外骨・熊楠・露伴・子規・紅葉・緑雨とその時代』(マガジンハウス)、『文学を探せ』『一九七二「はじまりのおわり」と「おわりのはじまり」』『同時代も歴史である 一九七九年問題』(以上、文藝春秋)、『雑読系』(晶文社)、『靖国』『新書百冊』『考える人』(以上、新潮社)、『「別れる理由」が気になって』(講談社)、『変死するアメリカ作家たち』(白水社)『四百字十一枚』(みすず書房)ほか。


 

坪内祐三 の書籍一覧

  • アイ・ウェイウェイは語る
    アイ・ウェイウェイは語る
    [著者] ハンス・ウルリッヒ・オブリスト   [文] 坪内祐三   [訳者] 尾方邦雄  
    「もし芸術家たちが社会の良心を裏切ったら、人間であることの根本原則を裏切ったら、いったい芸術はどこに立っていられるんだい?」 アイ・ウェイウェイ(艾未未)――アーティスト、建築家、 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/200頁
    • 定価 2,700円(本体2,500円)
    • ISBN 978-4-622-07647-6 C0070
    • 2011年11月1日発行
  • 四百字十一枚
    四百字十一枚
    [著者] 坪内祐三  
    「『四百字十一枚』とは妙なタイトルだが、これはそのまま月刊誌『論座』に連載時の一回の分量である。書評の十一枚はたっぷりある。つまり、内容紹介、意見、批評だけでなく、余談ができる。私 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/360頁
    • 定価 2,808円(本体2,600円)
    • ISBN 978-4-622-07325-3 C0095
    • 2007年9月10日発行
  • 戸川秋骨 人物肖像集
    大人の本棚
    戸川秋骨 人物肖像集
    [著者] 戸川秋骨   [編] 坪内祐三  
    「戸川秋骨は、英文学者で評論家で翻訳家で随筆家だ。随筆家というよりもエッセイストといった方がぴったりくる。……明治文学史にその名を輝かせている透谷や藤村よりも、私は、晩年になって滋 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/224頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-08047-8 C1395
    • 2004年3月25日発行