「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



林芙美子

はやし・ふみこ

1903年5月頃、福岡県門司市で行商人、宮田麻太郎・林キクの子として生まれる。正確なところはわからない。1922年、尾道高等女学校を卒業後、岡野軍一を追って上京、事務員・女工・女給などの職を転々としながら詩を書きはじめる。1928年10月『女人藝術』に「秋が来たんだ――放浪記」の連載を開始、この連載を元に改造社から1930年7月に新鋭文学叢書の一冊として刊行された『放浪記』はベストセラーになった。同年11月に『続放浪記』を同じく改造社から、戦後の1949年には『放浪記 第三部』(留女書店)をそれぞれ刊行した。1951年に47歳で急逝するまで、第一線の女流作家としての活躍を続ける。作品は他に「風琴と魚の町」「清貧の書」「晩菊」「めし」「浮雲」など多数。


 

林芙美子 の書籍一覧

  • 林芙美子 放浪記
    大人の本棚
    林芙美子 放浪記
    [著者] 林芙美子   [解説] 森まゆみ  
    私は宿命的に放浪者である。 私は古里を持たない。 冒頭の有名な一節で始まる林芙美子の『放浪記』は、1930(昭和5)年7月に改造社から単行本として刊行、ベストセラーとなった。その後『続放 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/280頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-08044-3 C1395
    • 2004年2月5日発行