「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ヘルマン・ヘッセ

Hermann Hesse

1877年7月2日、ドイツ、シュヴァーベン地方のカルヴに生まれ、スイスのバーゼルの父母が働く伝道館で育つ。神学校を中退、町工場や書店で働くかたわら、独学で文学の勉強を続ける。1902年、後に『青春詩集』と増補改題された『詩集』を発表。1904年『郷愁』を書きあげ、一躍人気作家となる。同年に結婚、ライン河畔の寒村に移り、長編『車輪の下』(1906)、『春の嵐』(1910)を発表する。第一次、第二次大戦に対しては平和主義を表明する。その間、『デミアン』(1919)、『ガラス玉遊戯』(1943)などの小説を書く。1946年、ノーベル文学賞、ゲーテ賞を受賞。1962年8月9日、85歳で歿す。


 

ヘルマン・ヘッセ の書籍一覧

  • ヘッセ詩集【新装版】
    ヘッセ詩集【新装版】
    [著者] ヘルマン・ヘッセ   [訳者] 片山敏彦  
    ヘッセ(Hermann Hesse,1877-1962) ヘッセの詩は、たしかに〈憧れ〉に名づけられたいろいろの名のようなものである。深い根源的な憧れ、心のまことの故郷を求めるやみがたい憧れ、痛切で、無 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/120頁
    • 定価 1,512円(本体1,400円)
    • ISBN 4-622-04922-8 C0098
    • 1998年1月19日発行