「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ハーバート・リード

Harbert Read

1893-1968。文学批評家、美術評論家。ヨークシャー州の農家に生まれた。青年時代、ブレイク、ブラウニング、リルケらの影響を受けた詩人であったが、第一次世界大戦に出征し、帰還後ビクトリア・アンド・アルバート美術館に勤務中、所蔵品の解説をしたことが動機で美術批評家としての活動を始める。彼の美学思想はフロイトの精神分析とくにユングの無意識学説の影響を最もふかく受けている。美術評論家としての彼の活動の範囲は広く、主著は文学批評もふくめて殆ど邦訳がある。その主なものは造形美術に関しては『今日の絵画』(新潮社、1953)『芸術による教育』(美術出版社、1953)『インダストリアル・デザイン――芸術と産業』(1957)『モダン・アートの哲学』(1955)『イコンとイデア』(1957)。文学批評に関するものでは『散文論』(1958、1967)『文学批評論』(1958)『詩についての8章』(1956、以上みすず書房)などのほか『自伝』(法政大学出版局、1970)がある。


 

ハーバート・リード の書籍一覧

  • 芸術の意味
    芸術の意味
    [著者] ハーバート・リード   [訳者] 瀧口修造  
    矛盾と対立とにみちたモダン・アートの意義を理解するうえに、感受性に貫かれたハーバート・リードの評論活動は独自な普遍性と影響力をもっている。本質的にロマン主義者のリードはシュルレアリ ...
    • B6判 タテ182mm×ヨコ128mm/216頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-00108-X C1070
    • 1990年7月10日発行
  • 文学批評論
    文学批評論
    [著者] ハーバート・リード   [訳者] 増野正衛  
    “深く考える者は、もっとも生きている者を愛す”(ヘルダーリン)この題辞は本書の第二部がはじめて出版されたときに巻頭にすえられたものである。 第一次世界大戦後に、エリオットやミドルト ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/438頁
    • 定価 3,564円(本体3,300円)
    • ISBN 4-622-01524-2 C3098
    • 1985年1月25日発行