「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



大村敦志

おおむら・あつし

1958年生まれ。東京大学教授、専門は民法。概説書に『基本民法~III』『もう一つの基本民法I・II』、『家族法』、『消費者法』(以上、有斐閣)、『民法総論』(岩波書店)、『他者とともに生きる』(東京大学出版会)、入門書に『生活民法入門』(東京大学出版会)、『父と娘の法入門』(岩波ジュニア新書)、法学的なエッセイに『フランスの社交と法』、『生活のための制度を創る』(以上、有斐閣)など。


 

大村敦志 の書籍一覧

  • 「民法0・1・2・3条」〈私〉が生きるルール
    理想の教室
    「民法0・1・2・3条」〈私〉が生きるルール
    [著者] 大村敦志  
    「民法の思想」とは、どのようなものか。1000条以上の条文の中で最も大切な四、五ヶ条に集中し丁寧に解説します。そこは「個人の生活」と「社会の構成」に関する基本的な考え方が書き込まれてい ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/168頁
    • 定価 1,728円(本体1,600円)
    • ISBN 978-4-622-08327-6 C1332
    • 2007年10月23日発行