「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



浅沼澄

あさぬま・きよし

1935年東京生まれ。1957年慶應義塾大学経済学部卒業。三菱商事他に定年まで勤務の後、翻訳者。訳書 カバリェーロ『かもめ』(西和書林、1990)、ペレス・ガルドス『フォルトゥナータとハシンタ』(水声社、1999)、ビーア/マキ『天皇神話から民主主義へ――日本の二つの憲法1889~2004年』(信山社出版、2005)。


 

浅沼澄 の書籍一覧

  • ヨーロッパ戦後史 下
    ヨーロッパ戦後史 下1971-2005
    [著者] トニー・ジャット   [訳者] 浅沼澄  
    「ハインリヒ・ハイネが到達した結論によると、ユダヤ人にとっての〈ヨーロッパへの入場券〉はキリスト教受洗である。今日、ヨーロッパ人であることの端的な証明は洗礼ではない。それは絶滅であ ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/544頁
    • 定価 6,480円(本体6,000円)
    • ISBN 978-4-622-07342-0 C1022
    • 2008年8月21日発行