「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジョン・ラスキン

John Ruskin

英国ヴィクトリア朝の代表的な批評家。1819年、ロンドンに生まれる。1837年、オクスフォード大学クライスト・チャーチ校入学。卒業後の1843年、画家ターナーを擁護する目的で着手した『近代画家論』第1巻を刊行(全5巻、1869年完結)、美術批評家としての地歩を固める。1869-78年、オクスフォード大学スレイド記念美術講座担当教授(1883-85年再任)。ラファエル前派を擁護し、「ゴシックの本質」を収めた『ヴェネツィアの石』(全3巻、1851-53)をはじめとする芸術批評=社会批評の著作群は後続のウィリアム・モリスらのアーツ・アンド・クラフツ運動に大きな影響を与えた。他の著書として『建築の七灯』(1849)『芸術経済論』(1857)『この最後の者にも』(1860)『胡麻と百合』(1865)『塵の倫理』(1866)などがある。1900年没。


 

ジョン・ラスキン の書籍一覧

  • ゴシックの本質
    ゴシックの本質
    [著者] ジョン・ラスキン   [訳者] 川端康雄  
    「ヴィクトリア朝の治世のなかでも1850年代初頭は、表面的に見るなら、英国が世界経済の覇者として世界をリードするいわば黄金期であり、進行する工業化と都市化を背景に、ラスキンの家がそうで ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/216頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-07635-3 C0070
    • 2011年10月7日発行