「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ベルナール・デュシャトレ

Bernard Duchatelet

ブレスト大学名誉教授。同大学で1968年から1995年まで、19世紀、20世紀フランス文学を教えた。1983年、文学部内に「20世紀小説研究センター」を創設し1992年までセンター長。また1987年から1995年までは「19-20世紀初刊研究センター」(フランス国立科学研究センターの一部門)を率いた。博士論文は『ジャン‐クリストフ』の生成の研究(Les debuts du Jean-Christophe (1886-1906): Etude de genese, 1975)。その後は『ジャン‐クリストフ』の小説的・戯曲的ほか多側面への研究を行う。2002年に一部未公刊資料を用いた『ロマン・ロラン伝』(村上光彦訳、みすず書房、原題Romain Rolland tel qu’en lui-meme『あるがままのロマン・ロラン』)を刊行、人として、作家としてのロランに関する既存の知識を一新した。同書は同年度のピエール‐ジョルジュ・カステックス賞(フランス学士院倫理・政治学アカデミーの文学賞)を受賞した。ロマン・ロランに関する著書として、ほかにRomain Rolland. La Pensee et l’Action (1997) がありその他数多くのロマン・ロランに関する文章をロマン・ロラン関係誌に発表している。ロラン以外にも、とくに書簡文作家に興味をもち、『ロジェ・マルタン・デュ・ガール一般書簡集』(ガリマール)の最後の3巻(8、9、10巻)など、多くの書簡や未公刊文書の編纂に力を注いでいる。


 

ベルナール・デュシャトレ の書籍一覧

  • ロマン・ロラン伝
    ロマン・ロラン伝1866-1944
    [著者] ベルナール・デュシャトレ   [訳者] 村上光彦  
    〈1944年12月30日、ロマン・ロランは死去した。さまざまな理由があってのことだが、彼の人と作品も、あいかわらず論争の的、ひいては先入見の標的となっている。彼は1914年に《戦いを超えて》― ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/504頁
    • 定価 10,260円(本体9,500円)
    • ISBN 978-4-622-07613-1 C0098
    • 2012年1月10日発行