「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



松本礼二

まつもと・れいじ

1946年東京生まれ。早稲田大学教育・総合科学学術院教授。専攻は近代政治思想史。著書『トクヴィル研究――家族・宗教・国家とデモクラシー』(東京大学出版会、1991)『近代国家と近代革命の政治思想』(共著、放送大学教育振興会、1997)『トクヴィルで考える』(みすず書房、2011)。共編著『トクヴィルとデモクラシーの現在』(東京大学出版会、2009)。訳書 トクヴィル『アメリカのデモクラシー』第1巻上下、第2巻上下(岩波文庫、2005、2008)ほか。


 

松本礼二 の書籍一覧

  • トクヴィルで考える
    トクヴィルで考える
    [著者] 松本礼二  
    『アメリカのデモクラシー』はじめ、フランスの歴史家アレクシ・ド・トクヴィル(1805‐59)の人と思想と著作が、近年ますます注目されるようになっている。デモクラシー論と革命論、アメリカ観 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/280頁
    • 定価 3,888円(本体3,600円)
    • ISBN 978-4-622-07672-8 C1031
    • 2011年12月14日発行