「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



宗教社会学論選<品切>


「近代ヨーロッパの文化世界に生を享けた者が普遍史的な諸問題を取扱おうとするばあい、彼は必然的に、そしてそれは当をえたことでもあるが、次のような問題の立て方をするであろう。いったい、どのような諸事情の連鎖が存在したために、他ならぬ西洋という地盤において、またそこにおいてのみ、普遍的な意義と妥当性をもつような発展傾向をとる――と少なくともわれわれは考えたい――文化的諸現象が姿を現わすことになったのか、と。」
マックス・ヴェーバーは、『宗教社会学論集』(全三巻)の冒頭を飾る序言でその視座をこのように設定している。そして数学、音楽、建築、法律、政治などの諸現象の吟味を通して、ついに近代西洋におけるもっとも運命的な力としての「近代資本主義」に焦点を合わせる。ヴェーバーの宗教社会学は、古今東西のさまざまな社会において「近代資本主義」の発展を阻止しあるいは促進した諸要因、とりわけ宗教意識の質の問題、をめぐって展開されるのである。
本書は『宗教社会学論集』のなかから訳者が選んだ方法上・理論上の基軸をなす重要な論文によって構成されている。「人間の行為を直接に支配するものは、利害関心(物質的ならびに観念的な)であって、理念ではない。しかし、『理念』によってつくりだされた『世界像』は、きわめてしばしば転轍手として軌道を決定し、そしてその軌道の上を利害のダイナミックスが人間の行為を推し進めてきたのである。」本書を貫く、ことがらに即した学問的態度、よび歴史と人間に対する深い洞察は、読者を世界の新たな把握へと導くであろう。


目次


1 宗教社会学論集 序言
2 世界宗教の経済倫理 序論
3 世界宗教の経済倫理 中間考察
  宗教的現世拒否の段階と方向に関する理論
付録 儒教とピュウリタニズム
訳者後記


著訳者略歴

マックス・ヴェーバー
Max Weber

1864年ドイツ、エルフルトに生れる。ハイデルベルク、ベルリン、ゲッティンゲンの各大学で法律学を専攻し、歴史、経済学、哲学に対する造詣をも深める1892年ベルリン大学でローマ法、ドイツ法。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
大塚久雄
おおつか・ひさお

1907年京都に生れる。1930年東京大学経済学部卒業。元東京大学数授。国際基督教大学数授。1996年歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
生松敬三
いきまつ・けいぞう

1928年東京に生れる。1950年東京大学文学部哲学科卒業。元中央大学教授。1984年歿。著書『現代ヨーロッパの精神史的境位』(福村出版、1971)『書物渉歴』(全2巻、みすず書房、1984)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「宗教社会学論選」の画像:

宗教社会学論選

「宗教社会学論選」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/224頁
定価 3,024円(本体2,800円)
ISBN 4-622-00556-5 C1014
1972年10月25日発行
<ただいま品切です>