「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



死と愛【新装版】

実存分析入門

AERZTLICHE SEELSORGE


アウシュヴィッツ体験が生んだ医学的指導の古典。生命・死・苦悩・労働の意味をたずね、個人の独自な生命の発見にみちびく。

この本はアウシュヴィッツの地獄のなかから鍛え出された宝石のような書物である。人生について、愛について、苦悩について、著者のことばを辿ってゆくならば、朝明けのような清々しさでこの本のもつ方向指示力、その治癒力を感得できるであろう。
1946年、第二次世界大戦の直後にウィーンで出版されたときの反響は驚くばかりだった。これはフロイトの精神分析いらい、心理療法の世界に出現したもっとも重要な著作となった。フロイトの「コンプレクス」アドラーの「劣等感」のような心理レベルの現象への逃避に甘んずることなく、外面的・仮面的なものをのりこえて、人間の意志、その意味への志向に注目する。すなわち人間の意識性と責任性という二つの根本事実を確認し、勇気と内的な強さを与える。
その豊かな思考方法、深い独創性は弁証法であり、詩的なリズムの文体と相まって、医師・心理家・教育者などにとって欠くことのできない書物となった。

[初版1957年4月発行]


目次


第一章 心理療法からロゴテラピーへ

第二章 精神分析から実存分析へ
第1節 一般的実存分析
1 生命の意味
   死の意味/強制収容所の心理
2 苦悩の意味
3 労働の意味
4 愛の意味
第2節 特殊実存分析
a 不安神経症の心理
b 強迫神経症の心理
c 鬱病の心理
d 精神分裂病の心理

第三章 心理的告白から医学的指導へ

訳者あとがき


著訳者略歴

ヴィクトール・E・フランクル
Viktor Emil Frankl

1905年ヴィーンに生れる。ヴィーン大学医学部卒。1955年以来ヴィーン大学教授(神経学、精神医学)。実存分析、ロゴテラピーの創始者。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
霜山徳爾
しもやま・とくじ

1919年東京に生れる。1942年東京大学文学部心理学科卒業。宗教哲学・心理学専攻。現在上智大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「死と愛【新装版】」の画像:

死と愛【新装版】

「死と愛【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
定価 3,024円(本体2,800円)
ISBN 4-622-00602-2 C1010
1985年5月30日発行

この本を購入する