「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



眼は聴く

L’OEIL ECOUTE


眼は聴く――たとえばファン・デ・フェルデの絵画『砲撃』を前にしたとき、われわれは「撃て」の合図、砲煙の噴出を伴った突然の轟音の爆発を聴く。眼によって知性を培うと同時に、耳をそば立てることを学ぶならば、われわれには絵のなかに音、音楽、そして沈黙がみえてくる。それはとりわけて沈思を起源にもつオランダ風景画、その観想の主題、その静寂の源泉を理解する必須条件である。
詩人・戯曲家であり、外交官でもあったポール・クローデルは、姉カミーユの影響もあって、洋の東西を問わず、世界中の美術作品に接してきた。彼はそこに詩人としての繊細な感覚と同時に、作品にみられる土地・人々・生活の細部を、自分の体験にもとづいて聴いていた。その唯一の美術論集である本書、詩と地理と芸術の一体化した『眼は聴く』を評して、ルネ・ユイグは「マルロー以上のもの」と語っている。
本書の冒頭をかざる「オランダ絵画序説」のフェルメール、レンブラント論を始め、ゴヤやベラスケスを語ったスペイン絵画、さらには中国の絵や、ストラスブールの大聖堂、そして姉への称賛と批評と哀しみを切々と書いた「カミーユ・クローデル」まで、静かで重量感のある文章でつづる。


目次


オランダ絵画序説
註釈いくつか
スペイン絵画
病人ノ夢
芸術における道
その他の註釈
フランスの大聖堂のステンドグラス
ストラスブールの大聖堂
ヴェズレー
宝石の神秘学
ガラス細工の神秘
カミーユ・クローデル

訳者あとがき
初出一覧


著訳者略歴

ポール・クローデル
Paul Claudel

東北フランス、エーヌ県タルドノワの小村に生れる。1882年、彫刻家をめざす姉カミーユの意志で一家はパリに移住。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
山崎庸一郎
やまさき・よういちろう

1929年生。1953年東京大学文学部仏文科卒業。学習院大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「眼は聴く」の画像:

眼は聴く

「眼は聴く」の書籍情報:

A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm/352頁
定価 5,400円(本体5,000円)
ISBN 4-622-04411-0 C1071
1995年4月14日発行

この本を購入する