「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



にんげんは夢を盛るうつわ

著者
森まゆみ

晴れた日は仕事の手を止めて散歩がしたくなる。
根津神社で鳩を眺めて昼寝とか。
谷中墓地の奥の方で石碑を読むとか。
小石川植物園でスケッチするとか。
いつも小さな原稿用紙の枡目を手で埋めているので、目は大きな風景を恋しがる。とりわけせいせいする、のびのびするのは坂の上だ。(「富士山、なくなる?」)

長年かかわってきた建築保存のこと、NPO問題、沖縄愛楽園の訪問、はじめてのニューヨーク行きとその後に起こった〈9・11〉、それ以前に知り合った中村哲医師のこと、そして教育・政治・鴎外や荷風について…

たくさんのことが起こったかのように見える21世紀のはじめ、足を地につけ、もっとゆっくり考え、暮らしたい。『寺暮らし』『その日暮らし』につづく森まゆみの第三エッセイ集。


目次


人の距離
沖縄の宿
北信南越雪譜
巨人・大鵬・卵焼
ふしぎな先生たち
ピアノとパソコン
何一つ良くは見ざりき
“サミットの沖縄”だより
富士山、なくなる?
何を建てても勝手なの?
ダヤック族のロングハウス
めんどくさがり
ムギワラ町長――森健次郎のこと
旧東方文化学院のこと
東京の地下鉄
はじめてのニューヨーク
NPOの自己評価 沖縄愛楽園をたずねて
京都岩倉論楽社にて
記憶の継承
百姓哲学者 佐藤忠吉
たまり場の必要
大塚女子アパート
三ノ輪浄閑寺にて
音を探す旅
あとがき


著訳者略歴

森まゆみ
もり・まゆみ

1954年東京都文京区動坂に生まれる。早稲田大学政治経済学部卒業。地域雑誌「谷中・根津・千駄木」編集人。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「にんげんは夢を盛るうつわ」の画像:

にんげんは夢を盛るうつわ

「にんげんは夢を盛るうつわ」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/216頁
定価 2,052円(本体1,900円)
ISBN 4-622-07001-4 C0095
2002年8月20日発行

この本を購入する