「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



温暖化の〈発見〉とは何か<品切>

THE DISCOVERY OF GLOBAL WARMING


地球温暖化問題はわかりにくい。どれくらい「危機」なのか? それが白か黒かで割り切れない問題なら、私たちは何を根拠にすみやかな対策を迫られているのか?

本書は地球温暖化の科学史をたどりなおす試みである。人間活動による“正味の”温暖化が科学的に認められ、その影響が危惧すべきものと認められるまでには、いくつもの歴史的な研究成果が蓄積されなければならなかった。地質学/地球物理学上の新知見、シミュレーションによる気候モデルの進歩、急速な気候シフトが起こりうる動的な地球システムという新パラダイムなどだ。それらが量的に信頼できるほど精密になることも必要だった。少数の決定的なデータから「定説」ができるほど話は単純ではない。

温暖化研究の基石となった科学的事件の多くが、研究者たちの苦心や興奮とともに、この一冊の中で明快に紹介されている。彼らの体験した温暖化〈発見〉の過程を追体験することで、私たちも温暖化とはいかなるものかを、ようやく〈発見〉できる。

温暖化を「一時的な問題」「データを政治的・恣意的に使った科学的虚構」とする異論は今日も消えない。それは研究分野が科学的に健全に営まれていれば当然のことだろう。だがそのような専門的な論争の言わば“断片”が、各種メディアを通じてひとり歩きし、地球環境に関する誤解と混乱を煽るのはやっかいだ。本書はそれに振り回されない公平かつ明晰な事実認識を得るための、最初の拠りどころとして格好の一冊である。


目次


序文

第1章 気候はいかにして変わりうるのか?
第2章 可能性を発見
第3章 微妙なシステム
第4章 目に見える脅威
第1章 大衆への警告
第6章 気まぐれな獣
第7章 政治の世界に入り込む
第8章 発見の立証

本文を振り返って

年表(過去の画期的出来事)
解説
原註
参考文献
索引


著訳者略歴

スペンサー・R・ワート
Spencer R. Weart

科学史家。アメリカ物理学協会・物理学史センター長。1942年生まれ。1963年に宇宙物理学を専門として博士号を取得後、カリフォルニア工科大学のフェローとしてウィルソン山天文台で研究に従事。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
増田耕一
ますだ・こういち

1957年生まれ。専門は大気水圏科学、とくに全地球規模のエネルギーと水の循環。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
熊井ひろ美
くまい・ひろみ

翻訳者。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

編集者からひとこと

地球環境科学の分野の性格は、本書に書かれているような経緯を知らないと非常にわかりにくい。「温暖化」は虚構だ、いやそうではないという議論に振り回されない定見を、専門家だけでなく、みんなで持ちたい──そのための本だと思っています。

書評情報

海部宣男<2005年5月1日:毎日新聞>
本書は、地球温暖化とは何かを詳しく理解できる優れた入門書といえる。だが実は、著者の主な関心は、違うところにある。それは、「人間は地球温暖化にどのようにして気づいたのか?」の徹底追求である。……ちっぽけな人間が大きな気候を変えられるはずはない! という「常識」と格闘し、膨大なデータを積み上げて、ついに人間が温暖化を招いていることを確信するまで、それはまさしく科学の本質を抉り出すドラマである
三井誠<2011年2月20日(日):読売新聞>
住明正(国立環境研究所)
<:日経サイエンス2013年5月号>
<:土木学会誌2014年4月号>

関連リンク

この本の関連書


「温暖化の〈発見〉とは何か」の画像:

温暖化の〈発見〉とは何か

「温暖化の〈発見〉とは何か」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/296頁
定価 3,024円(本体2,800円)
ISBN 4-622-07134-7 C0040
2005年3月15日発行
<ただいま品切です>