「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



スピヴァク、日本で語る

CONVERSATIONS IN JAPAN


卓越したデリダ読解で頭角を現わし、ポストコロニアル理論を牽引、近年は「複数のアジア」へと向かうガヤトリ・スピヴァク。2007年夏に日本に滞在した思想家は、傑出した知性と学問への真摯な姿勢、ユーモアたっぷりの人柄で聴衆を魅了する。本書は熱気溢れる講演の全記録である。
「ガヤトリ・スピヴァクは今回の一連の講演で、この困難な過渡期における世界的な知的営為のあり方について、ひとつの、考え抜かれた方向性を提示した。そこには、学問や政治をめぐる様々な提案、原則として私たちがみな進むべき普遍的方向性を示す道標と、ほかならぬガヤトリ・スピヴァクでなければ切り開きえなかった単独的な知的道程の痕跡とが分ちがたく交差していた」(「おわりに」鵜飼哲)
問題を一挙に解決する答が与えられることはない。あるのは真剣な知的対話への信頼だ。ガヤトリ・スピヴァクの思想に出会い、共に考えるための必読書。


目次


刊行によせて  ガヤトリ・チャクラヴォルティ・スピヴァク
はじめに――日本で出会うスピヴァク  坂元ひろ子

人文学における学問的アクティヴィズム  (本橋哲也訳)
〔応答1〕  判断力の可能性  岩崎稔
〔応答2〕  「洗練」を想像すること  李静和
比較文学再考  (新田啓子訳)
日本の研究者との対話  (竹村和子訳)
他のアジア (中井亜佐子訳)

おわりに――「怒涛の日々」を振り返って  鵜飼哲


著訳者略歴

G・C・スピヴァク
Gayatri Chakravorty Spivak

1942年、インド西ベンガルのコルカタ(カルカッタ)に生まれる。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
鵜飼哲
うかい・さとし

1955年生。一橋大学大学院言語社会研究科教授。フランス文学・思想専攻。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
本橋哲也
もとはし・てつや

1955年生。東京経済大学コミュニケーション学部教授。英文学、批評理論専攻。著書に『カルチュラル・スタディーズへの招待』(大修館書店、2002)『ポストコロニアリズム』(岩波新書、2005)ほか。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
新田啓子
にった・けいこ

1967年生。立教大学文学部英米文学専修准教授。アメリカ文学・文化理論専攻。訳書にT・ローズ『ブラック・ノイズ』(みすず書房、2009)。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
竹村和子
たけむら・かずこ

お茶の水女子大学大学院教授。英語圏文学・批評理論専攻。著書に『フェミニズム』(岩波書店、2000)『愛について』(岩波書店、2002)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
中井亜佐子
なかい・あさこ

一橋大学言語社会研究科教授。英文学、批評理論専攻。著書に『他者の自伝』(研究社、2007)

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

<2009年6月28日(日):読売新聞>

関連リンク

この本の関連書


「スピヴァク、日本で語る」の画像:

スピヴァク、日本で語る

「スピヴァク、日本で語る」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/200頁
定価 2,376円(本体2,200円)
ISBN 978-4-622-07447-2 C1010
2009年4月24日発行

この本を購入する