「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



技術システムの神話と現実

原子力から情報技術まで

著者
吉岡斉
著者
名和小太郎

科学史(原子力・エネルギー)の専門家と情報技術の専門家による対談形式の科学・技術論。
人文・社会科学にも通じた、科学・技術論の語り手として理想的な二人。その両者が交わした、現代の技術がはらむ問題についての深い議論を、編集し書籍化した。

下記8テーマを論じ、さらに「高速増殖炉開発の未来」「情報セキュリティ」にかんする書き下ろし論稿を加え構成。
1 核施設の過酷事故/2 コンピュータ西暦2000年問題/3 SPEEDI/4 グーグル/5 放射性物質の隔離管理/6 知的財産権/7 再生可能エネルギー/8 自動機械

技術システムの持つリスクに対し、私たちはどう対処していけばよいのか? 現場に通じた二人の議論は非常に説得力があり、示唆に富む重要な知見が示されている。ここでなされている数々の提言は問題のありかを腑分けし、現代テクノロジー社会がもたらす危機を回避するための一助となるだろう。


目次


はじめに

【I 人工物による巨大災害】
第1章 核施設の過酷事故――巨大人工物の制御  (吉岡斉)
第2章 コンピュータ西暦2000年問題――遍在する人工物の管理  (名和小太郎)

【II 情報システムの落とし穴】
第3章 SPEEDI――公共システムの可視化  (吉岡斉)
第4章 グーグル――私的システムのつくる社会的規範  (名和小太郎)

【III 守れないものを守る】
第5章 放射性物質の隔離管理――未来世代への負債  (吉岡斉)
第6章 知的財産権――アンチコモンズの悲劇  (名和小太郎)

【IV 次世代技術の実装可能性】
第7章 再生可能エネルギー――インフラに対する競争政策  (吉岡斉)
第8章 自動機械――インフラの人工知能化  (名和小太郎)

【V 技術の迷宮、技術者の迷宮】
第9章 新技術をめぐる誇大妄想と高速増殖炉開発の未来  (吉岡斉)
第10章 信頼すなわち相互監視――情報セキュリティをめぐって  (名和小太郎)

あとがき(吉岡斉・名和小太郎)


著訳者略歴

吉岡斉
よしおか・ひとし

1953年、富山県生まれ。科学技術史・科学技術政策専攻。76年、東京大学理学部物理学科卒業。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
名和小太郎
なわ・こたろう

1931年、東京下町の生まれ。東京大学理学部物理学科卒。工学博士。石油資源開発、旭化成、旭リサーチセンター、新潟大学および関西大学を経て、現在、情報セキュリティ大学院大学特別研究員。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「技術システムの神話と現実」の画像:

技術システムの神話と現実

「技術システムの神話と現実」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
定価 3,456円(本体3,200円)
ISBN 978-4-622-07915-6 C0036
2015年5月20日発行

この本を購入する