「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



大人の本棚

短篇で読むシチリア


世界遺産を五つも有する地中海最大の島シチリア。ギリシア、カルタゴ、ローマ、スペイン……積み重なる支配の歴史は独特の文化をかたちづくった。火山エトナとマフィアの島としても知られる。
同時にシチリアは数多の作家を生んでいる。本書は19世紀から20世紀にかけてのシチリア作家の短篇集。デ・ロベルトに始まり、ヴェルガ、ピランデッロ、ブランカーティ、ヴィットリーニ、ランペドゥーザ、そしてシャーシャまで7人の14篇はほとんど初めて紹介されるものばかりである。
ファシズムと戦争を挟んで、灼熱のなか、オリーブと葡萄酒、矜持と情熱、論理と諧謔にあふれたユニークな短篇を読むことは、この神秘の島への旅にも匹敵する文学の旅となるだろう。


目次


ロザリオ   デ・ロベルト
金の鍵   ヴェルガ
ルーパ   ヴェルガ
真実   ピランデッロ
ホテルで誰かが死んだので……   ピランデッロ
免許証   ピランデッロ
二度とも笑わなかった男の話   ブランカーティ
幸せな家   ブランカーティ
生への疑問   ヴィットリーニ
奴隷のような人間   ヴィットリーニ
幼年時代の場所   ランペドゥーザ
撤去   シャーシャ
言語学   シャーシャ
室内ゲーム   シャーシャ

編訳者あとがき


著訳者略歴

武谷なおみ
たけや・なおみ

神戸に生まれる。津田塾大学卒業。京都大学大学院博士課程修了。イタリア政府給費留学生としてローマ大学に留学。現在、大阪芸術大学文芸学科教授、イタリア文学専攻。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

田中貴子(甲南大学教授)
<2011年2月6日(日):朝日新聞>
<2011年3月6日(日):東京新聞>
<2011年2月20日(日):読売新聞>
<2011年2月12日:朝日新聞(大阪版)>
<2011年2月15日:読売新聞(大阪版)>
<2011年4月17日(日):毎日新聞>

関連リンク

この本の関連書


「短篇で読むシチリア」の画像:

短篇で読むシチリア

「短篇で読むシチリア」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/240頁
定価 3,024円(本体2,800円)
ISBN 978-4-622-08085-5 C1397
2011年1月7日発行

この本を購入する