「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



アメリカン・マインドの終焉【新装版】

文化と教育の危機

THE CLOSING OF THE AMERICAN MIND


民主主義の国アメリカで精神生活がどのように発達したかを明確に語っている精確な歴史的要約である
(ソウル・ベロー)

全米に電気ショックを与える書。この5年間に出た本で、これほど影響力のある本はないだろう
(ニューヨーク・タイムズ)

内容豊かで心を奪われる。この本の値打はすべての人を挑発するところにある。近年刊行されたどの本も、アラン・ブルームほどのに幅ひろく、しかも深い洞察力でアメリカ精神の大旅行を試みたものはない
(ワシントン・ポスト)

かつての自由と平等の理念は、なんでも認めてしまう相対主義に変わってしまった。アパシー(無感覚)が今のアメリカを覆いつくしている。自由の砦であった大学は、かつては社会から孤立することで、逆に社会に貢献してきた。だが今や、大学は社会の要求をそのまま受け入れている。専門化がすすみ、科学技術やアップ・トゥ・デイトな講座がふえる一方、哲学・文学・芸術などの一般教養科目は片隅に追いやられてしまった……
大学教育を中心に現代アメリカの“精神の空洞化”を根底から抉った問題の書。決定的なアメリカ論である本書は、今後の日本を暗示する。

[初版1988年12月8日発行]


目次


まえがき (ソウル・ベロー)
序文
序論――われわれの徳

第一部 学生
真白なノート
書物
音楽
きずな
  自己中心主義/平等/人種/セックス/離別/離婚/恋愛/エロス

第二部 アメリカン・スタイルのニヒリズム
ドイツとのコネクション
二つの革命と二つの自然状態
自己
創造性
文化
価値
左翼のニーチェ主義化、もしくはニーチェ主義の左翼化
われわれの無知

第三部 大学
ソクラテスの『弁明』からハイデガーの『学長就任演説』まで
  民主政における知的生活に関するトクヴィルの見解/思想と市民社会との関係/哲学的経験/啓蒙主義的変換/スウィフトの疑い/ルソーの急進化とドイツの大学
60年代
学生と大学
  一般教養教育/大学の解体/さまざまな学問分野/結論

訳者あとがき
索引


著訳者略歴

アラン・ブルーム
Allan Bloom

1930-1992。イェール、コーネル、トロント、パリ、シカゴなどの各大学で政治哲学を教えた。著書に『シェイクスピアの政治学』、訳書には、プラトン『国家』、ルソー『エミール』などがある。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
菅野盾樹
すげの・たてき

1943年生まれ。1967年東京大学文学部哲学科卒業。同大学院人文科学研究科博士課程修了。東京大学文学部助手、山形大学教養部助教授、大阪大学大学院人間科学研究科教授を歴任。同大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「アメリカン・マインドの終焉【新装版】」の画像:

アメリカン・マインドの終焉【新装版】

「アメリカン・マインドの終焉【新装版】」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/448頁
定価 6,264円(本体5,800円)
ISBN 978-4-622-08586-7 C1030
2016年11月18日発行

この本を購入する