ピネベルク、明日はどうする!?

ハンス・ファラダ

時はワイマール共和国末期、空前の大量失業時代。
彼、ピネベルクは北ドイツの町で簿記係として働くホワイトカラーの23歳。彼女、「子羊ちゃん」ことエマは22歳。バルト海に面した町の労働者階級の家の娘。どこにでもいる、互いに夢中の若い二人。 ...