なぜアーレントが重要なのか【新装版】

エリザベス・ヤング=ブルーエル

20世紀半ば、新しい種類の犯罪が世界に現れた。ハンナ・アーレントはそれに「悪の陳腐さ」という言葉を与え、激しい論争を呼び起こした。
いまアーレントの思想が、再び注目を集めている。そのきっかけをつくった一人が本書の著者E・ヤング=ブルーエルである。 ...