「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



トピックス

パワーズ『囚人のジレンマ』好評発売中!

5月に刊行されたリチャード・パワーズの長篇小説『囚人のジレンマ』が、二カ月経った現在も、好評のうちに迎えられています。
「9.11以降も相変わらず〈囚人のジレンマ〉を突きつけられている世界状況を直視するとき、この小説が提示する想像力は大いに役に立つ」(越川芳明氏評、「日本経済新聞」7月1日)
「人間のエゴをめぐる問題を通奏低音のように響かせながら、時空を越えて絡まりあう複数の物語が絶妙のハーモニーを奏でている」(西田英恵氏評、「coyote」7月号)
「個々人がどのように世界にコミットしていけばいいのかという大テーマを、家族小説という小さなフレームの中に描いて感動的」(豊崎由美氏評、「本の雑誌」8月号)
――など、本書のテーマを深く受け止めた書評にも恵まれ、順調に版を重ねております。 刊行直後の6月には、立川のオリオン書房ノルテ店にて本書訳者の一人、柴田元幸氏によるトークイベントが、また池袋のジュンク堂書店本店にて「翻訳文学ブックカフェ PART23」としてホストの新元良一氏と柴田氏の対談イベントが開催され、いずれも数多くの読者の皆さんの参加によって、作者パワーズの人となりから、〈家族小説〉の系譜における『囚人のジレンマ』の意味、現在のアメリカ論まで、熱気に満ちた言葉のやり取りが続きました。
夏休みの読書の一冊として、あなたもぜひ、ピンクの表紙に「ネズミ男」のチャーミングなカバー(下田法晴+大西裕二〈s.f.d.〉両氏による力作装丁です)に包まれた、読み応え十分の『囚人のジレンマ』、読んでみませんか?




その他のトピックス