「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



トピックス

シリーズ《始まりの本》

[2011年11月10日刊行開始]

「始まりが存在せんがために人間は創られた」 (アウグスティヌス)
「人間はそれ自らが始まりである」 (H・アーレント)
「始まりとは〈差異をつくる〉ものだ」 (E・サイード)

始まりとは始原(オリジン)。
そこから生い育つさまざまな知識の原型が、
あらかじめ潜在しているひとつの種子である。
新たな問いを発見するために、
いったん始原へ立ち帰って、
これから何度でも読み直したい現代の古典。
未来への知的冒険は、ふたたびここから始まる!

みすず書房創立65周年企画
新シリーズ《始まりの本》

  • 第1回配本(2011年11月10日)6冊
  • 第2回配本(2012年1月)2冊、第3回配本(2012年3月)2冊、第4回配本(2012年6月)5冊、以降、3カ月ごとに3、4冊ずつ配本予定
  • 四六判 ソフト上製 200-400頁 予価2625-3990円(税込)

* 第1回配本のご案内

『臨床医学の誕生』

ミシェル・フーコー 神谷美恵子訳
[斎藤環解説]
  • ――個人というものは、生命が最初にとる形でもなければ、その最も鋭い形でもない。個が認識の対象となるのは、長い間にわたる空間化の動きのあげくのことである。この動きにとっての決定的な道具は、或る種の言語の使用と、死についての困難な概念化であった。 (…)アリストテレスの古い法則は、個についての科学的陳述を禁じていたが、言語の中に死がその概念の場を発見したとき、この禁止は解けたわけである。つまり、その時、空間はまなざしに対して、個の分化した形を開いたわけである。――
  • 一八世紀末に端を発する現代医学は、病を知覚する空間とそれを記述する言語、および身体の解剖から始まった。人間が自らの個体を知の対象とする臨床医学は、いかにして誕生したのか。『言葉と物』の先駆をなす、初期フーコーの代表作。
  • 392頁 3990円 ISBN 978-4-622-08341-2

『二つの文化と科学革命』

チャールズ・P・スノー 松井巻之助訳
[S・コリーニ解説(増田珠子訳)]
  • ――意思疎通ができないような、また意思疎通しようとしないような二つの文化の存在は危険である。科学がわれわれの運命の大半、すなわちわれわれの生死を決定しようという時代に、単に実際的な面からだけ考えても、それは危険なことである。科学者が間違った勧告 を与えることもありうるし、政策決定者たちがその当否を知りえないこともありうる。一面、分裂した文化をもつ科学者たちは、いろいろな可能性について自分たちだけに通用するような知識を提供する。(…)われわれは永い間耐える覚悟をするのは当然としても、上述のようなことはいずれも政治の成り行きを一そう複雑にし、場合によっては一そう危険なものとする。――
  • 自然科学と人文科学、各々の知的・精神的風土の乖離と無理解がもたらす社会的危機を訴え大論争を巻き起こした書。科学と文化を語る必須文献で科学社会学が精緻化された現在も、常にルーツとして参照される名著。70頁余の新解説を付す。
  • 208頁 2940円 ISBN 978-4-622-08342-9

『天皇の逝く国で』

[増補版] ノーマ・フィールド 大島かおり訳
  • ――祖母の家は、彼女のエネルギーと、彼女がつねに放射するやさしさで、さわさわと活気だつ。朝はやく、まだ明けやらぬうちから、 それは床板をとおして私が夫と一年間占領していた部屋まで伝わってきて、どんな理科の授業もおよばないほど、音は波となって伝播することを感得させてくれた。祖母と母が、子どもたちのお弁当にこれがいいか、あれがいいかと話しているのだろう。――
  • 「みずからの個人史に重ねて描いたこの現代日本の物語は、すぐれた翻訳とあいまって、本書の主題の新鮮で緻密な分析とともに、これ までにない新たな魅力をそなえた作品になっている」(『東アジア人文書100』の紹介より)。登場人物は体制順応という「常識」に抗った三人の日本人。沖縄国体で日の丸を焼いた知花昌一、殉職自衛官の夫の靖国神社合祀に反対した中谷康子、天皇の戦争責任を明言して狙撃された長崎市長の本島等。あれから20年、新たな文章を付す。
  • 400頁 3780円 ISBN 978-4-622-08343-6

『可視化された帝国』

近代日本の行幸啓
[増補版] 原武史
  • ――天皇や皇太子による行幸啓を全国レベルで繰り返し、支配の主体を訪問した地方の人々、狭義の政治から疎外されていた女性や外国人、学生生徒を含む人々に視覚的に意識させることを通して、彼らを「臣民」として認識させる戦略(…)人々は、ただ一緒に万歳を 叫び、君が代を斉唱するだけで「日本国民のひとり」となったのではなかった。たとえどこに住んでいようが、「国家的シンボルを同時的に認識する」機会が与えられ、その生々しい体験を通して「臣民」であることを実感できたところに注目するべきである。(…)明治、大正、昭和を一貫する〈視覚的支配〉の実態を探ることなしに、近代天皇制を考察することはできないといってよい。――
  • 『「民都」大阪対「帝都」東京』も『大正天皇』も、この近代天皇制の〈視覚的支配〉を追う十年に及んだ実証的研究から生まれた。昭和初期に成立をみる「「国体」の視覚化」と、「想像の共同体」確立に至る「戦中期の〈時間支配〉」を補論に収める主著完全版。
  • 520頁 3780円 ISBN 978-4-622-08344-3

『哲学のアクチュアリティ』

初期論集
[初書籍化] テオドール・W・アドルノ 細見和之訳
  • ――哲学に与えられているものといえば、存在者の謎めいた形象およびその不可思議な絡まり合いから、一瞬生じては消えてゆく、さまざまな暗示のみです。哲学の歴史とは、このような形象の絡まり合いの歴史にほかなりません。だからこそ、哲学には「成果」というも のが与えられていません。だからこそ、哲学はたえず新たに始めなければなりません。だからこそ、哲学は以前の時代に紡がれたどんなわずかの糸もなしで済ますわけにはゆきません。ひょっとすればその糸は、件の暗号を一つのテクストに変容させてくれる、罫線を補ってくれるかもしれないのですから。――
  • 初期アドルノの根幹であり、現代思想の原点をなす1920年代の画期を伝える重要な二講演「哲学のアクチュアリティ」「自然史の理念」を軸に、初めての邦訳「哲学者の言語についてのテーゼ」、長短44の断片「音楽アフォリズム」を収録する。
  • 200頁 3150円 ISBN 978-4-622-08345-0

『進歩の終焉』

来るべき黄金時代
ガンサー・S・ステント 渡辺格・生松敬三・柳澤桂子訳
[木田元解説]
  • ――進歩はいまや終点に近づきつつあるという主張に直面すると、多くの人々は、歴史をふりかえると、もうこの時代以後はいかなる進歩も可能ではないと主張する視野の狭い誤れる予言者がいつもいたという事実を指摘して、この考えを払いのけてしまうようである。 ……進歩の終末という誤った予言が昔からあったというのはぜんぜん正しくない。なぜなら、歴史はよりよき世界への運動を具現しているという進歩の観念そのものが生れてからほとんど二百年も経っていないからである。だから、進歩が終末に近づきつつあるという最初の主張が現われたのは、それよりもっと新しいことでなければならない。――
  • 科学や芸術の進歩は、永遠に続くのだろうか。分子生物学の興亡、ポップ・アートや現代音楽の動向を分析しつつ、その終焉を宣言する。成長を前提としない社会のあり方が模索されている現在を、1960年代に予言していた刺激的な文明論。
  • 226頁 2940円 ISBN 978-4-622-08346-7

[以上(6冊) 2011年11月10日刊行予定]

* 続刊予定

『アウグスティヌスの愛の概念』

ハンナ・アーレント 千葉眞訳

『天皇制国家の支配原理』

藤田省三

[以上、第2回配本(2冊) 2012年1月刊行予定]

『チーズとうじ虫』

16世紀の一粉挽屋の世界像
カルロ・ギンズブルグ 杉山光信訳

『知性改善論・短論文』

バールーフ・デ・スピノザ 佐藤一郎訳 [新訳]

『ノイズ』

音楽/貨幣/雑音
ジャック・アタリ 金塚貞文訳

『政治的ロマン主義』

カール・シュミット 大久保和郎訳

[以下続刊]

* 本シリーズの特徴

  • 人文諸科学はじめ、知が錯綜し、新たな展望を示せない不透明な今の時代に、だからこそ〈始まり〉に立ち帰って、未来への指針を与える本
  • トレンドからベーシックへ、これだけは押さえておきたい現代の古典
  • すでに定評があり、これからも読みつがれていく既刊書、および今後基本書となっていくであろう新刊書で構成
  • ハンディな造本、読みやすい新組み、新編集



その他のトピックス