「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



トピックス

『災害がほんとうに襲った時』『復興の道なかばで』

中井久夫の二著 緊急出版

中井久夫編『1995年1月・神戸――「阪神大震災」下の精神科医たち』(1995年3月刊)と中井久夫他『昨日のごとく――災厄の年の記録』(1996年4月刊)は、16年前の阪神淡路大震災後に小社より刊行された書籍です。その出版に力を注がれた中井久夫の文章を再編集して、『災害がほんとうに襲った時』『復興の道なかばで』の表題で新たに刊行することといたしました。

1995年1月17日から50日間。被災地では何が起こり、何が必要だったのか。そして、誰もが被災地に眼をそそいでいた大震災から一年。避難所で生活していた人たちは、ボランティアは、被災民への補償は、今後の地震対策は、町の復興は、こころのケアは。
歴史に学ぶ・「神戸」から考える。一精神科医が関与観察した阪神淡路大震災の50日間の記録と一年の回顧です。

◆重版出来のお知らせ

大石又七『ビキニ事件の真実』、メドヴェジェフ『チェルノブイリの遺産』とも重版ができあがりました。お待ちいただきありがとうございました。




その他のトピックス