「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



シモーヌ・ヴェイユ

Simone Weil

1909-1943。フランスの思想家。パリのユダヤ系中流家庭に生まれる。アンリ四世校でアランに師事し、パリ高等師範学校を卒業後、哲学教師として各地のリセで教鞭を執る。1934-35年、未熟練女工として工場で働き、労働者の不幸を体験。1936年、義勇軍兵士としてスペイン内戦こ参加する。1940年、ナチスのパリ占拠後マルセイユに移住し、古代ギリシア思想、キリスト教、カタリ派、道教、インドやエジプトなどの諸宗教、世界各地の民間伝承について思索した。1942年5月、両親とともに兄アンドレの待つニューヨークに亡命。11月、単身ロンドンに赴き、自由フランス軍の対独レジスタンス運動に加わる。1943年、ロンドン郊外のサナトリウムで死去。死後、アルべール・カミュによって12冊の著作がガリマール社のエスポワール選書から出版された。1988年より、同社『シモーヌ・ヴェーユ全集』全16巻刊行中。


 

シモーヌ・ヴェイユ の書籍一覧

  • シモーヌ・ヴェイユ選集 III
    シモーヌ・ヴェイユ選集 III後期論集:霊性・文明論
    [著者] シモーヌ・ヴェイユ   [訳者] 冨原眞弓  
    〈知性の大小の差というものは、終身禁固に定められた囚徒にとって独房が広いか狭いかの差にすぎない。おのれの知性を誇る知的な人間は、広い独房に入っていることを誇る囚徒に似ている。おのれ ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/296頁
    • 定価 6,048円(本体5,600円)
    • ISBN 978-4-622-07662-9 C1310
    • 2013年12月25日発行
  • シモーヌ・ヴェイユ選集 II
    シモーヌ・ヴェイユ選集 II中期論集:労働・革命
    [著者] シモーヌ・ヴェイユ   [訳者] 冨原眞弓  
    学窓を巣立ち、ル・ピュイの女子高等中学に赴任したヴェイユは、授業をとおして生徒たちに学問に向かう目を開かせてゆくいっぽうで、炭坑など労働の現場を訪れて労働者や労働組合の活動家たちと ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/328頁
    • 定価 5,184円(本体4,800円)
    • ISBN 978-4-622-07661-2 C1310
    • 2012年8月24日発行
  • シモーヌ・ヴェイユ選集 I
    シモーヌ・ヴェイユ選集 I初期論集:哲学修業
    [著者] シモーヌ・ヴェイユ   [訳者] 冨原眞弓  
    16歳で入学した高等中学アンリ四世校の哲学準備級で、ヴェイユは師アランと出会う。アランの準備級で、学生は膨大な読書と、思考の修練たる文章修業を積みかさねた。アランをして「優秀なる生徒 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/328頁
    • 定価 5,184円(本体4,800円)
    • ISBN 978-4-622-07660-5 C1310
    • 2012年1月10日発行
  • ヴェイユの言葉
    大人の本棚
    ヴェイユの言葉
    [著者] シモーヌ・ヴェイユ   [編訳] 冨原眞弓  
    既存の価値を喪失し、混迷のさなかにあった1930-40年代のヨーロッパ。工場で、戦場で、また亡命の地で、のちに『抑圧と自由』から『根を持つこと』に至る一連の著作として発表され、人々を瞠目 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 2,808円(本体2,600円)
    • ISBN 4-622-08043-5 C1310
    • 2003年11月25日発行
  • カイエ 1
    カイエ 1
    [著者] シモーヌ・ヴェイユ   [訳者] 山崎庸一郎   [訳者] 原田佳彦  
    工場体験前後に書かれた断片からマルセイユ時代の手記まで。その思考のプロセスを生々と伝える。 「肉体労働のための注意力の訓練――放心、夢想を排すること。めまいも不可。専念せずになにか ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/496頁
    • 定価 8,208円(本体7,600円)
    • ISBN 4-622-03052-7 C1010
    • 1998年11月20日発行
  • ギリシアの泉
    みすずライブラリー 第2期
    ギリシアの泉
    [著者] シモーヌ・ヴェイユ   [訳者] 冨原眞弓  
    古代ギリシアに関するヴェーユの論文と断片を集めた。ホメロスやソフォクレスなど古代ギリシアの詩篇は、ヴェーユの思索の底に流れる水脈の一つであり、その思想のギリシア的源泉ともいえるもの ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
    • 定価 2,700円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-05027-7 C1310
    • 1998年9月22日発行
  • カイエ 3
    カイエ 3
    [著者] シモーヌ・ヴェイユ   [訳者] 冨原眞弓  
    善とは、悪とは何か。神秘主義の可能性は? レジスタンス期に生きる意味を問うた思考の軌跡。 「音楽はどの音符にも存在しない。関係のうちに存在する。しかも人を感動で泣かせる。人間とはこう ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/464頁
    • 定価 7,344円(本体6,800円)
    • ISBN 4-622-03054-3 C1010
    • 1995年9月22日発行
  • カイエ 4
    カイエ 4
    [著者] シモーヌ・ヴェイユ   [訳者] 冨原眞弓  
    「神はみずからの神性を脱ぎ捨てて虚しくなり、われわれを偽りの神性で満たした。偽りの神性を脱ぎ捨てて虚しくなろう。この行為こそがわれわれを創造した行為の究極目的なのだ。いまこの瞬間も ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/648頁
    • 定価 6,480円(本体6,000円)
    • ISBN 4-622-03055-1 C1010
    • 1992年1月29日発行