「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



トーマス・S・クーン

Thomas S. Kuhn

1922年、アメリカのオハイオ州でドイツ系ユダヤ人の土木技師の子として生まれる。ハーバード大学で物理学を学び、1949年Ph. D.を得る。ハーバード大学、カリフォルニア大学、プリンストン大学で教えた後、1979年からマサチューセッツエ科大学(MIT)科学史・科学哲学教授。著書には『コペルニクス革命』(1957、邦訳:常石敬一訳、講談社学術文庫、1989)、『科学革命の構造』(初版1962、第2版1970、邦訳:中山茂訳、みすず書房、1971)、『量子物理学史資料』(1967)、『本質的緊張』(1977、邦訳:安孫子・佐野訳、みすず書房、全2巻1987/92、合本1998)、『黒体理論と量子論的不連続性 1894-1912』(1978)、『構造以来の道』(2000、邦訳:佐々木力訳、みすず書房、2008)などがある。1996年、癌のために逝去、73歳。


 

トーマス・S・クーン の書籍一覧

  • 科学革命における本質的緊張【新装版】
    科学革命における本質的緊張【新装版】
    [著者] トーマス・S・クーン   [訳者] 安孫子誠也   [訳者] 佐野正博  
    著者は『科学革命の構造』に先立つ三年前、本書所収の論文「本質的緊張」で科学における伝統と革新のあり方を論じ、〈パラダイム〉概念をはじめて導入した。それは、科学を独自の文脈のなかで捉 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/600頁
    • 定価 6,804円(本体6,300円)
    • ISBN 978-4-622-08779-3 C1040
    • 2018年12月7日発行
  • 構造以来の道
    構造以来の道哲学論集 1970-1993
    [著者] トーマス・S・クーン   [訳者] 佐々木力  
    「ほとんど誰もが知っているように、トーマス・クーンは『科学革命の構造』の中で、科学史は漸進的でも累積的でもなく、一連の多少ともラディカルな〈パラダイム転換〉によって区切りをつけられ ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/496頁
    • 定価 7,128円(本体6,600円)
    • ISBN 978-4-622-07353-6 C1040
    • 2008年1月23日発行
  • 科学革命の構造
    科学革命の構造
    [著者] トーマス・S・クーン   [訳者] 中山茂  
    科学における進歩とは何か。世界観の変革は、いかにして起るか。本書は「パラダイム」概念を武器として、未開拓のテーマたる「科学革命」を鋭く分析し、コペルニクスからボーアまでの科学の歴史 ...
    • B6判 タテ182mm×ヨコ128mm/296頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-01667-2 C1040
    • 1971年3月5日発行