「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



フアン・ゴイティソーロ

Juan Goytisolo

1931年、バルセローナに生まれる。フランコ体制下での創作活動の限界から1956年にパリに移住。現在、パリとマラケシュを往来しながら文筆活動を続けている。小説には『フィエスタス』(1956)、『アイデンティティーの証明』(1966)、『戦いの後の光景』(1982)、『マルクス家の系譜』(1993)、『包囲の包囲』(1995)、評論集『サラセン年代記』(1981)など。1985年、エウロパリア賞、1993年、ネリー・ザックス賞を受けた。


 

フアン・ゴイティソーロ の書籍一覧

  • 嵐の中のアルジェリア
    嵐の中のアルジェリア
    [著者] フアン・ゴイティソーロ   [訳者] 山道佳子  
    アルジェリアという国の名から、私たちは何を思い浮かべるだろうか。ひとつは「革命の星」「第三世界の盟主」という希望に満ちたイメージであり、近年では流血の惨事のイメージである。両者を隔 ...
    • 四六変型判 タテ188mm×ヨコ118mm/136頁
    • 定価 2,484円(本体2,300円)
    • ISBN 4-622-03382-8 C0036
    • 1999年8月5日発行
  • パレスチナ日記
    パレスチナ日記
    [著者] フアン・ゴイティソーロ   [編] 山道佳子  
    作家の目にパレスチナはどう映ったか? 本書第一部「パレスチナ日記」には、インティファーダにおけるパレスチナ人の頑強な抵抗が描かれながら、その抵抗の源となる民族意識、土地への愛着とは何 ...
    • 四六変型判 タテ188mm×ヨコ118mm/144頁
    • 定価 2,484円(本体2,300円)
    • ISBN 4-622-03379-8 C0036
    • 1997年4月16日発行
  • 戦いの後の光景
    文学シリーズ lettres
    戦いの後の光景
    [著者] フアン・ゴイティソーロ   [訳者] 旦敬介  
    ある朝、寝ぼけ眼で通りに出た住人は、店の看板ばかりか道路標識までが見慣れぬ文字に書き替わっているのに仰天した。町中の大騒ぎを尻目に部屋で爪をみがく謎の人物。その男は公園で少女に声を ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
    • 定価 2,700円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-04609-1 C0097
    • 1996年12月13日発行