「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



エドマンド・バーク

Edmund Burke

1729-1797 イギリスの政治家、政治哲学者。ダブリンに生まれる。法律家の資格を得ようとロンドンに出たが、文筆の世界に転じ『自然社会の擁護』、『崇高と美の観念の起原』(1757)で文壇に登場する。まもなくウイッグ党貴族の秘書、65年には下院議員となる。国王の金権的専制の企図に伴う憲政の危機に際して、近代の政党政治の原理を『現代の不満の原因』(1770)で唱導した。アメリカ独立戦争の際には、「アメリカの課税に関する演説」、「植民地との和解決議の提案に関する演説」、「アメリカ問題に関してブリストル執行官への書簡」を唱え、植民地への軍事介入の非を熱烈に説き、アメリカの抵抗を支持した。フランスの民主主義と平等の理念に不信を感じていたバークは、フランス革命が勃発するや、これをヨーロッパ秩序への挑戦と受けとめて『フランス革命の省察』(1790)を執筆する。この著書は政治思想史上、保守主義の聖典と称され影響を与えた。


 

エドマンド・バーク の書籍一覧