「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



シャルル・ボードレール

Charles-Pierre Baudelaire

1821年4月9日パリで生まれ、中学時代からロマン派の詩に傾倒して詩作を開始する。1845年、ドラクロワを称讃した最初の著書《一八四五年のサロン》を著わし、時代の絵画的課題を深く自覚的にとらえた尖鋭な美術批評家として世に出る。1847年バルザックの影響下に小説《ラ・ファンファルロ》を発表し、翌年から米国の詩人ポーの翻訳を開始するが、この仕事は彼の詩学だけでなく、のちの象徴主義の詩人たちに大きな影響を与えることになる。1848年の二月革命では深く政治的活動に関わるものの、積極的に社会的参画を企てるのは生涯でこの時に限られる。1857年、近代韻文詩史上の最高傑作《悪の華》を上梓するが、公衆道徳紊乱の科で断罪され、第二版が刊行されるのはその五年後である。《悪の華》以後、彼は自分の生きる時代の特異性(現代性)を詩に取り込むことを望み、散文による詩篇の制作に全力を注ぐ。《パリの憂鬱》の刊行は死後の全集においてだが、この詩集はやがて現代詩への「絶対の始まり」(ジョルジュ・ブラン)を画する作品と評価される。1864年経済的困窮解決のためにベルギーに赴き、1866年ナミュールの教会で転倒して脳障害の症状を生じ、翌年パリで死去。二つの詩集のほか、作品に《人工楽園》、遺稿《火箭》と《赤裸の心》、多くの文芸批評と美術批評がある。


 

シャルル・ボードレール の書籍一覧