「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



花輪光

はなわ・ひかる

1932年、山梨県に生れる。1955年東京教育大学文学部仏文科卒業。1959年同大学大学院博士課程中退。元筑波大学文芸・言語学系教授。1999年歿。著書『ロラン・バルト』(1985、みすず書房)。訳書 B・パンゴー『カミュの《異邦人》』(1975、審美社)、P・コニー『自然主義』(共訳、1957、白水社)、R・バルト『新=批評的エッセー』『物語の構造分析』『文学の記号学』『明るい部屋』『言語のざわめき』『記号学の冒険』(1977、1979、1981、1985、1987、1988、みすず書房)、E・バンヴェニスト『一般言語学の諸問題』(共訳、1983、みすず書房)、R・ヤーコブソン『音と意味についての六章』(1977、みすず書房)ヤーコブソン他『詩の記号学のために』(編著・共訳、1985、書肆風の薔薇)、G・ジュネット『物語のディスクール』(共訳、1985、書肆風の薔薇)、L-J・カルヴェ『ロラン・バルト伝』(1993、みすず書房)ほか。


 

花輪光 の書籍一覧