「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



宮澤淳一

みやざわ・じゅんいち

1963年群馬県生まれ。86年青山学院大学国際政治経済学部(国際政治学)卒業、88年早稲田大学第一文学部(ロシア文学)卒業。早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了、博士課程単位取得。早稲田大学文学部助手、同講師、トロント大学客員教授等を経て、現在、青山学院大学総合文化政策学部教授。著書により博士(学術、東京大学、2007年)。文学研究・音楽学・メディア論・文献表記法。カナダ研究・ロシア研究。第1回グレン・グールド財団栄誉賞(99年)。著書に『グレン・グールド論』(春秋社、04年)、『カナダを知るための60章』(共著・明石書店, 03年)ほか。監修書にWAVE編『グレン・グールド』(ペヨトル工房、89年)。論文に「グールド、マクルーハン、漱石――聴覚的空間と『草枕』の詩学」(『みすず』第474号、00年9月)ほか。訳書にゲルタン編『グレン・グールド複数の肖像』(浅井香織と、立風書房、91年)、フリードリック著『グレン・グールドの生涯』(リブロポート、92年;青土社、02年)、ウィンジェル著『音楽の文章術』(小倉眞理と、春秋社、94年)、『アンドレイ・タルコフスキイ「鏡」の本』(馬場広信と、リブロポート、94年)、ロバーツ/ゲルタン編『グレン・グールド書簡集』(みすず書房、99年)、オストウォルド『グレン・グールド伝』(筑摩書房、00年)、ゴードン『マクルーハン』(ちくま学芸文庫、01年)、フィンドリー『戦争』(彩流社、02年)、『リヒテルは語る』(音楽之友社、03年;ちくま学芸文庫、14年)、ロバーツ編『グレン・グールド発言集』(みすず書房、2005年)。加えて著書に『マクルーハンの光景――メディア論がみえる』(みすず書房、2007年)、共著に『音楽論』(白石美雪編、武蔵野美術大学出版局、2016年)。


 

宮澤淳一 の書籍一覧