「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



合田正人

ごうだ・まさと

1957年生まれ。東京都立大学博士課程中退。西洋思想史、ユダヤ思想。明治大学文学部教授。著書『レヴィナスの思想』(弘文堂1988、改訂・改題『レヴィナス』ちくま学芸文庫2000)『レヴィナスを読む』(NHKブックス1999)『ジャンケレヴィッチ』(みすず書房2003)『サルトル『むかつき』ニートという冒険』(シリーズ「理想の教室」、みすず書房2006)、訳書 レヴィナス『全体性と無限』(国文社1989、改訂版2005)『固有名』(みすず書房1994)『外の主体』(みすず書房1997)ジャンケレヴィッチ『最初と最後のページ』(みすず書房1996)ベルクソン『物質と記憶』(共訳、ちくま学芸文庫2007)デリダ『フッサール哲学における発生の問題』(共訳、みすず書房2007)J-P・シャンジュー/P・リクール『脳と心』(共訳、みすず書房2008)P・リクール『レクチュール』(みすず書房 2009)ベルクソン『創造的進化』(ちくま学芸文庫2010)P・ブーレッツ『20世紀ユダヤ思想家』全3巻(共訳、みすず書房2011-13)ほか。


 

合田正人 の書籍一覧