「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



今江祥智

いまえ・よしとも

1932年大阪市に生まれる。同志社大学文学部英文科卒業。中学校教師、編集者をしながら創作活動に入る。60年『山のむこうは青い海だった』(理論社)を刊行。68年京都に移り、聖母女学院短期大学で児童文学を講じる。50歳から執筆に専念。その間、67年には『海の日曜日』(実業之日本社)で産経児童出版文化賞、74年『ぼんぼん』(理論社)で日本児童文学者協会賞、77年『兄貴』(理論社)で野間児童文芸賞、96年『でんでんだいこ いのち』(片山健=絵、童心社)で小学館児童出版文化賞、2004年『いろはにほへと』(長谷川義史=絵、BL出版)で日本絵本賞を受賞。1999年紫綬褒章、2005年旭日小綬章受章、2008年エクソンモービル児童文化賞受賞。童話、絵本から長篇小説まで、ほのぼのとしたユーモアとほのかなペーソスにみちた多彩な作品で幅広い読者を得る一方、翻訳、評論、編集などさまざまな活躍をとおしても、生涯、子供の本の世界を広げることに力をつくし、2015年3月20日逝去。
1991年までの仕事は『今江祥智の本』全36巻(理論社)、『今江祥智童話館』全17巻(理論社)にまとめられている。みすず書房からは、評論集『幸福の擁護』(1996)、創作論・作家論(巻a)とそれにもとづくみずからの実作(巻b)をセットに編んだ『子供の本 持札公開』全2冊(2003)を刊行。『子供の本 持札公開』bから生まれた本に、『薔薇をさがして……』(宇野亜喜良=画、BL出版)、『なんででんねん 天満はん』(長新太=絵、童心社)、『オリーヴの小道で』(宇野亜喜良=画、BL出版)、『袂のなかで』(長新太=挿画、マガジンハウス)がある。月刊『みすず』読書アンケート特集にも毎年のように回答をよせてこられた。


 

今江祥智 の書籍一覧

  • 子供の本 持札公開a
    子供の本 持札公開a物語の読者として
    [著者] 今江祥智  
    「アラゴンに『手の内を見せる』という一冊があった。いつかその真似の真似でもいいから、ちょっとした試みをやってみたいと考えていた。タイトルは頂戴して『持札公開』。例えば、ナンセンス・ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/336頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-07049-9 C0095
    • 2003年7月25日発行
  • 子供の本 持札公開b
    子供の本 持札公開b物語の作者として
    [著者] 今江祥智  
    「持札――といっても、同じ函のトランプではなくて、いろんな函から取り出したトランプを眺めやりながら、ああでもないこうでもないと思案投首のあげく、思いきって裏を返して数字とマークを眺 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/384頁
    • 定価 3,564円(本体3,300円)
    • ISBN 4-622-07050-2 C0095
    • 2003年7月25日発行
  • 幸福の擁護
    幸福の擁護
    [著者] 今江祥智  
    〈私は、子どもの文学を変えた作家たちの作品に新鮮な魅力を感じるが、1950年代の輝くばかりに楽天的な子どものための作品を再読すると「うん、いいよなー」と感動する。この二つの気持ちはどこ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/432頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-04605-9 C0095
    • 1996年6月25日発行