「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



佐治守夫

さじ・もりお

1924年山形市に生れる。1948年東京大学文学部心理学科卒業、国立精神衛生研究所厚生技官。1967年東京大学教育学部助教授、(教育心理学科)教授を経て、1982年東京大学定年退職。1982年日精研心理臨床センター所長、日精研心理臨床学院長。1956年よりW・H・O Fellow(交換研究員)として、アメリカスタンフォード大学、W・H・0 本部その他に留学。1996年歿。主要論文「フラストレーション」(『異常心理学講座1』みすず書房、1966)「心理療法」(『異常心理学講座3』みすず書房、1968)。著書『カンウセリング入門』(国土社、1966)『カウンセリング』(放送大学教育振興会、1992)『ロジャーズ クライエント中心療法』(共編著、有斐閣、1983)。訳書 フロム『フロイトの使命』(みすず書房、1966)ほか。


 

佐治守夫 の書籍一覧

  • カウンセラーの〈こころ〉【新装版】
    カウンセラーの〈こころ〉【新装版】
    [著者] 佐治守夫  
    心理臨床の40年から生まれた12篇。著者は、戦後アメリカの臨床心理学・カウンセリングに接して以来、カウンセラーとして、苦悩しつつあるクライエントへの援助に献身してきた。 本書はカウンセ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-07195-9 C1011
    • 2006年2月20日発行
  • フロイトの使命
    みすずライブラリー 第2期
    フロイトの使命
    [著者] エリッヒ・フロム   [訳者] 佐治守夫  
    フランクフルト学派にフロイト理論を導入し、ナチス台頭の社会心理的分析を行った『自由からの逃走』で知られるフロムが、師フロイトの人間としての実像に迫る。母親や妻マルタへの感情、父親や ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/192頁
    • 定価 2,160円(本体2,000円)
    • ISBN 4-622-05057-9 C1311
    • 2000年6月9日発行