「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



狩野直喜

かの・なおき

1868年熊本に生れる。1895年東京帝国大学文科大学漢学科卒業。1900-03年清国留学。1906年京都帝国大学文科大学教授に任ぜられ、支那哲学史を担当。1910年敦煌古書調査のため清国に赴く。1912-13年欧州留学。1928年京都大学を退官するまでに、支那文学史、清朝経学、論語研究、孟子研究、公羊研究、左伝研究、支那小説史、支那戯曲史、清朝の制度と文学等を講義する。1929年東方文化学院京都研究所長となる。1944年文化勲章受章。1947年死去。著書『中国哲学史』(1953、岩波書店)『両漢学術考』(1964)『魏晋学術考』(1968、以上筑摩書房)『支那文学史』(1970)『支那学文藪』(1973)『論語孟子研究』(1977)『漢文研究法』(1980)『読書纂余』(1980)『清朝の制度と文学』(1984)『支那小説戯曲史』(1992)『春秋研究』(1994、以上みすず書房)。


 

狩野直喜 の書籍一覧

  • 御進講録【新装版】
    御進講録【新装版】
    [著者] 狩野直喜  
    宮中における講学の制は、日本および中国にて古い歴史をもつ。著者は、大正末より昭和初頭にかけて、前後4回、宮中に召されてご進講申し上げた。本書は、その草稿に基づいて文を成したものであ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/208頁
    • 定価 2,700円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-07128-2 C1091
    • 2005年1月7日発行
  • 春秋研究
    春秋研究
    [著者] 狩野直喜  
    狩野直喜が京都帝国大学で「春秋公羊伝」の講義を開始したのは、明治44年9月、辛亥革命の勃発前夜、清朝最後の年、最後の月のことであった。「左氏伝」については大正2年に開講された。公羊学・ ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/344頁
    • 定価 9,720円(本体9,000円)
    • ISBN 4-622-03492-1 C1022
    • 1994年11月22日発行