「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



中村輝子

なかむら・てるこ

北海道に生まれる。東京大学社会学科卒業後、1962年共同通信社入社。文化部記者、編集委員、論説委員を経て、98年退社。著書『女たちの肖像』(1986)、編著『生の時・死の時』(1997、新聞協会賞受賞)、訳書 フィッツジェラルド『改訂版アメリカ』(1981)ハーストン他『語りつぐ』(共訳、1987)ボニントン『現代の冒険』(共訳、1987)シンプソン『死のクレバス』(1991)ヘッド『力の問題』(1993)ベル『人種主義の深い淵』(1995)ハーストン『騾馬とひと』(1997)ヘメンウェイ『ゾラ・ニール・ハーストン伝』(1997)サートン『回復まで』(2002)同『82歳の日記』(2004)他。


 

中村輝子 の書籍一覧

  • 回復まで【新装版】
    回復まで【新装版】
    [著者] メイ・サートン   [訳者] 中村輝子  
    66歳から67歳にかけての1年間(1978-79)は、サートンにはつらい年だった。パートナーとの別離、小説『総決算の時』への悪意ある酷評、乳がんの手術、ふっきれない鬱状態。しかし、「惜しみなく ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
    • 定価 3,850円(本体3,500円)
    • ISBN 978-4-622-08880-6 C0098
    • 2019年11月18日発行
  • 82歳の日記
    メイ・サートン・コレクション
    82歳の日記
    [著者] メイ・サートン   [訳者] 中村輝子  
    1994年8月、日記を書き終えたサートンはまもなく闘病生活に入り、1年たらずで亡くなった。長いあいだ、友人たちの手を借りながらも独り居の頑張りをつづけていたが、体調不良と死の予感とともに ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/344頁
    • 定価 3,080円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-07096-0 C0098
    • 2004年8月10日発行