「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



青柳瑞穂

あおやぎ・みずほ

1899年山梨県生まれ。詩人、フランス文学者、美術評論家。慶應義塾大学フランス文学科卒業。堀口大学に師事。詩集『睡眠』(1931年)。訳書 ロートレアモン『マルドロオルの歌』(講談社文芸文庫)、ルソー『孤独な散歩者の夢想』(新潮文庫、戸川秋骨賞)、レニエ『水都幻談』(平凡社ライブラリー)、モーパッサンの短篇など多数。古美術鑑賞にすぐれ、エッセー集『ささやかな日本発掘』(現在、講談社文芸文庫)は読売文学賞を受賞した。1971年歿。


 

青柳瑞穂 の書籍一覧

  • 青柳瑞穂 骨董のある風景
    大人の本棚
    青柳瑞穂 骨董のある風景
    [著者] 青柳瑞穂   [編] 青柳いづみこ  
    「青柳瑞穂は、見る人であったと思っている。観る人であり、鑑る人でもあり、ときに窃視する人であった」(編者あとがきより) 『マルドロオルの歌』やルソー、モーパッサンの名訳者として知ら ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-08048-6 C1395
    • 2004年4月8日発行