「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



アルフォンス・アレー

Alphonse Allais

1854-1905 フランスの港町オンフルールに生まれる。薬学を学びに出たパリで「文学」に感染して学業を放棄、サティがピアノを弾いていたモンマルトルの酒場「黒猫」を拠点に活動した。週刊誌「黒猫」、日刊紙「ジュルナル」のコラムや週刊誌「微笑」の主筆として毎週一篇のコントを書き、ユーモリストの名を馳せた。生涯に書いたコントやコラムの総数は千数百におよぶ。51歳の秋、静脈炎による血栓で急死。日本では戦前に雑誌「新青年」が紹介、戦後になって澁澤龍彦による翻訳が数篇ある。


 

アルフォンス・アレー の書籍一覧

  • 悪戯の愉しみ
    大人の本棚
    悪戯の愉しみ
    [著者] アルフォンス・アレー   [訳者] 山田稔  
    「世の中には、複雑な人間と単純な人間がいる。」「問題のひげというのは、パリでも五指に入るみごとなひげだったと仮定しよう。そしてもう、その話はよそう。」「あつかましさにかけては、医者 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-08056-7 C1397
    • 2005年3月23日発行