「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



五十嵐太郎

いがらし・たろう

1967年パリ生まれ。1992年、東京大学工学系大学院建築学専攻修士課程修了。博士(工学)。東北大学大学院工学研究科教授。建築史・建築批評。第11回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展(2008年)日本館展示コミッショナー、あいちトリエンナーレ2013芸術監督。「戦後日本住宅伝説」展(2014-15年)、「インポッシブル・アーキテクチャー」展(2019-20年)、「Windowology」展(2020-21年)監修、「3.11以後の建築」展(2014-15年)ゲストキュレータ、「窓」展(2019-20年)学術協力。著書『新宗教と巨大建築』(講談社現代新書2001/ちくま学芸文庫2007)『戦争と建築』(晶文社2003)『過防備都市』(中公新書ラクレ2004)『現代建築のパースペクティブ』(光文社新書2004)『美しい都市・醜い都市――現代景観論』(中公新書ラクレ2006)『現代建築に関する16章――空間、時間、そして世界』(講談社現代新書2006)『「結婚式教会」の誕生』(春秋社2007)『映画的建築/建築的映画』(春秋社2009)『現代日本建築家列伝――社会といかに関わってきたか』(河出ブックス2011)『被災地を歩きながら考えたこと』(みすず書房2011)『日本建築入門――近代と伝統』(ちくま新書2016)『ル・コルビュジエがめざしたもの――近代建築の理論と展開』(青土社2018)『モダニズム崩壊後の建築――1968年以降の転回と思想』(青土社2018)『建築の東京』(みすず書房2020)、共著『ビルディングタイプの解剖学』(王国社2002)『建築と音楽』(NTT出版2008)『ぼくらが夢見た未来都市』(PHP新書2010)、編著『見えない震災』(みすず書房2006)『ヤンキー文化論序説』(河出書房新社2009)『空想 皇居美術館』(朝日新聞出版2010)『3.11/After』(LIXIL出版2012)『レム・コールハースは何を変えたのか』(鹿島出版会2014)ほか。


 

五十嵐太郎 の書籍一覧

  • 建築の東京
    建築の東京
    [著者] 五十嵐太郎  
    2013年9月、東京オリンピック開催が決まるや前年のコンペで選出されていた新国立競技場ザハ・ハディド案がメディアで騒がれるよう ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/232頁
    • 定価 3,300円(本体3,000円)
    • ISBN 978-4-622-08895-0 C0052
    • 2020年4月20日発行
  • 被災地を歩きながら考えたこと
    被災地を歩きながら考えたこと
    [著者] 五十嵐太郎  
    「被災地をまわりながら、大船渡のリアスホールや石巻の宮城県慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)など著名建築家が設計した文化施設が避難所として機能しているのを見て、非常時に建築が ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/240頁
    • 定価 2,640円(本体2,400円)
    • ISBN 978-4-622-07652-0 C0052
    • 2011年11月22日発行
  • 見えない震災
    見えない震災建築・都市の強度とデザイン
    [編] 五十嵐太郎  
    2005年11月、一建築士による構造計算書偽造の事実(耐震強度偽装事件)が公表されるや、日本全国に衝撃が走った。「モラルなき経済設計」と機能不全の検査体制が、「安全・安心」をもたらすはず ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/264頁
    • 定価 3,300円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-07233-5 C1052
    • 2006年9月8日発行