「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



石橋湛山

いしばし・たんざん

1884年、東京に生まれる。早稲田大学文学部卒業後、1911年東洋経済新報社入社。「東洋時論」を経て1924年「東洋経済新報」の主幹になり、1941年社長に就任。戦後初の総選挙に自由党から出馬し落選したにもかかわらず、第一次吉田内閣蔵相に就任。1947年衆議院に当選後、一か月で公職追放。占領軍の政策批判や党内派閥抗争が原因と言われる。1951年追放解除。吉田ワンマン政治を批判して、1954年日本民主党を結成、鳩山内閣通産相に就任。1956年、保守合同後の初の自民党総裁選で岸信介を破り首相となるが、病気のため二か月で辞任。以後は日中・日ソの関係改善に尽力する。1959年の訪中では石橋・周恩来声明を発表して国交回復の土台をつくった。1973年歿。


 

石橋湛山 の書籍一覧

  • 石橋湛山日記
    石橋湛山日記昭和20-31年
    [著者] 石橋湛山   [編] 石橋湛一   [編] 伊藤隆   [解説] 増田弘  
    この日記は、敗戦の年(1945年)の元旦から、病に倒れ総理を辞任する直前の1957年1月までの、おもに政治家として活動した12年間の几帳面な日録である。公表を前提としない貴重な証言であり、閣 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/928頁
    • 定価 21,600円(本体20,000円)
    • ISBN 4-622-03676-2 C3031
    • 2001年3月22日発行