「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



磯前順一

いそまえ・じゅんいち

1961年茨城県生まれ。静岡大学人文学部日本史・考古学専攻卒業。東京大学大学院人文科学研究科宗教学専攻博士課程中退。国際日本文化研究センター准教授。著書として『近代日本の宗教言説とその系譜――宗教・国家・神道』(岩波書店、2003年)、『記紀神話のメタヒストリー』(吉川弘文館、1998年)、『宗教を語りなおす――近代的カテゴリーの再考』(共編、みすず書房、2006年)、『マルクス主義という経験――1920-1940年代の日本と学問』(共編、青木書店、2007年)、『喪失とノスタルジア』(2007年)、『ナラティヴの権利』(ともにみすず書房、2009年)他。歴史、宗教、文学などの諸実践・言説を横断しながら、人間のつながりと表現行為の意味を模索している。


 

磯前順一 の書籍一覧

  • ナラティヴの権利
    ナラティヴの権利戸惑いの生へ向けて
    [著者] ホミ・バーバ   [訳者] 磯前順一   [訳者] ダニエル・ガリモア  
    「日々を生きるなかで迫られる判断はわたしたちに戸惑いをもたらす。ナラティヴの場は、大文字の歴史のような超越的で固定化された理念あるいは国家制度のもとには存在しない。それは、他者のも ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/352頁
    • 定価 4,536円(本体4,200円)
    • ISBN 978-4-622-07485-4 C1010
    • 2009年8月25日発行
  • 喪失とノスタルジア
    喪失とノスタルジア近代日本の余白へ
    [著者] 磯前順一  
    「多かれ少なかれ、わたしたちはみな、トラウマに囚われた人間なのです。他人と共約不能な時間の流れを幾重にも自分のなかに抱え込みながら、生きていかなければならないのです。」(プロローグ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-07274-4 C1014
    • 2007年8月17日発行
  • 宗教を語りなおす
    宗教を語りなおす近代的カテゴリーの再考
    [編] 磯前順一   [編] タラル・アサド  
    宗教が語る「真理」や超越的世界をめぐる言説は、近代から現代におよぶ西洋と非西洋の空間において、これまでどんなイデオロギーに支えられてきたのか。 「宗教研究といった宗教をめぐる学知、 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/296頁
    • 定価 5,184円(本体4,800円)
    • ISBN 4-622-07230-0 C1014
    • 2006年7月24日発行