「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



今道友信

いまみち・とものぶ

1922年東京に生まれる。東京大学文学部哲学科卒業。パリ大学、ヴュルツブルク大学講師、東京大学教授を経て、東京大学名誉教授。現在、英知大学教授。哲学美学比較研究国際センター所長、国際形而上学会会長、国際美学会終身委員、エコエティカ国際学会会長。1996年より1999年まで哲学国際研究所(IIP、パリ)所長。著書『同一性の自己塑性』(東京大学出版会、1971)、『美の位相と芸術』(東京大学出版会、1971)、『東西の哲学』(TBSブリタニカ、1988)『エコエティカ』(講談社学術文庫、1990)、『知の光を求めて』(中央公論新社、2000)、『愛について』(中公文庫、2001)、『ダンテ『神曲』講義』(第25回マルコ・ポーロ賞受賞、みすず書房、2002、改訂普及版2004)。編著に『講座・美学』全5巻(東京大学出版会、1984-85)などがある。


 

今道友信 の書籍一覧

  • ダンテ『神曲』講義【改訂普及版・新装版】
    ダンテ『神曲』講義【改訂普及版・新装版】
    [著者] 今道友信  
    「ダンテの『神曲』は天国のために書かれた本であることを、つまりわれわれはダンテとともに古典文学的教養をもって地獄、悟性と想像力とをもって煉獄を遍歴したうえ、ようやく光にみちる天国に ...
    • 菊判 タテ218mm×ヨコ148mm/596頁
    • 定価 15,120円(本体14,000円)
    • ISBN 978-4-622-08638-3 C1098
    • 2017年9月14日発行