「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



キャロライン・ウィットベック

Caroline Whitbeck

ウェルズリー・カレッジで数学を学び、ボストン大学で哲学の修士号を、マサチューセッツ工科大学(MIT)で同じく哲学の博士号を取得。MIT教授として活躍後、現在はケース・ウェスターン・リザーヴ大学ビーマー=シュナイダー倫理学特別教授職にあり、哲学科および機械/航空工学科で教えている。科学、技術、医療の哲学を専門とするが、アメリカにおける科学技術倫理の研究・教育の第一人者でもある。厖大な情報量を誇るウェブ・サイトThe Online Ethics Center for Engineering & Science(http://www.onlineethics.org/)を主宰。Committee on Science, Engineering, and Public Policy of the National Academy of Sciences, National Academy of Engineering, and Institute of Medicine, On Being a Scientist, second edition, National Academy Press, 1995(米国科学アカデミー編『科学者をめざす君たちへ』池内了訳、化学同人、1996)の編集にも参画。技術倫理への貢献により米国科学振興協会(AAAS)のフェローに選出されている。


 

キャロライン・ウィットベック の書籍一覧