「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ローレンス・ウェシュラー

Lawrence Weschler

1980年代はじめから雑誌『ニューヨーカー』のスタッフライター。ユニークな文化記事の功績によりジョージ・ポーク賞を二度にわたって受賞。著書 Seeing Is Forgetting the Name of the Thing One Sees;The Passion of Poland;David Hockney’s Cameraworks;Shapinsky’s Karma,Boggs Bills and Other True-Life Tales;A Miracle,a Universe.最近著はCalamities of Exile(1998、The University of Chicago Press)。


 

ローレンス・ウェシュラー の書籍一覧