「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



マックス・ヴェーバー

Max Weber

1864年ドイツ、エルフルトに生れる。ハイデルベルク、ベルリン、ゲッティンゲンの各大学で法律学を専攻し、歴史、経済学、哲学に対する造詣をも深める1892年ベルリン大学でローマ法、ドイツ法、商法の教授資格を得、同年同大学講師、1893年同員外教授、1894年フライブルク大学経済学教授、1897年ハイデルベルク大学経済学教授、1903年病気のため教職を去り、ハイデルベルク大学名背教授となる。1904年 Archiv fur Sozialwissenschaft und Sozialpolitikの編集をヤッフェおよぴゾンバルトとともに引受ける。同年セントルイスの国際的学術会議に出席のため渡米。帰国後研究と著述に専念し上記Airchivに論文を歳々と発表。1918年ヴィーン大学客員教授、1919年ミュンヒェン大学教授、経済史を講義。1920年ミュンヒェンで歿。著書は『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(全2巻、岩波文庫、1955-62、改訳、岩波文庫、1989)『儒敦と道教』(創文社、1971)『古代ユダヤ教』全2巻、みすず書房、1962-64)『古代社会経済史-古代農業事情-』(東洋経済新報社、1959)『支配の社会学』(全2巻、創文社、1960-62)『一般社会経済史要論』(岩波書店、1954-55)ほかが邦訳されている。


 

マックス・ヴェーバー の書籍一覧