「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



大石又七

おおいし・またしち

1934年、静岡県榛原郡吉田町に生まれる。1948年から漁師となり、1953年に新たにできたマグロ漁船第五福竜丸に乗船、5度目の航海中の1954年3月1日、ビキニ環礁で被爆。長い入院生活の後、東京でクリーニング店を営みながら、自らの体験談を中心に核廃絶や平和を願って活動している。著書『死の灰を背負って』(新潮社、1991)


 

大石又七 の書籍一覧

  • ビキニ事件の真実
    ビキニ事件の真実いのちの岐路で
    [著者] 大石又七  
    「核兵器の恐ろしさを誰かが言わなければ、いつかきっと大変なことが起こる。それを知っているのは被害を受けた当事者、死の恐怖を身をもって体験してきた俺たち自身ではないのか。そんなふうに ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 2,808円(本体2,600円)
    • ISBN 4-622-07048-0 C0036
    • 2003年7月24日発行