「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ニコス・カザンツァキ

Nlkos Kazantzaki

1883年クレタ島のイラクリオンに生れる。反トルコ解放戦争の下に少年期を送り、アテネ大学で法律を学ぶ。1907年からヨーロッパ各地を巡り、パリでベルグソンを聴講して大きな影響をうけ、ニーチェにも関心をよせる。一時帰国の後、ドイツ、ソビエト、パレスチナ、エジプトなどへの旅を繰り返し、1935年には日本や中国を訪れている。第二次大戦時はナチ占領下のギリシアで過した。1945年閣僚の一人となりユネスコにも関与するが、1946年故国を離れ、再び帰ることはなかった。1957年フライブルクに歿す。作品『禁欲』(1927)、『石の庭』(1936、邦訳、読売新聞社、1978)、『オデュッセイア』(1938)、『その男ゾルバ』(1942、邦訳、恒文社、1979)、『兄弟殺し』(1945、邦訳、読売新聞社、1978)ほか。


 

ニコス・カザンツァキ の書籍一覧

  • アシジの貧者【新装版】
    アシジの貧者【新装版】
    [著者] ニコス・カザンツァキ   [訳者] 清水茂  
    長篇詩『オデュッセイア』や映画『その男ゾルバ』の作者、《現代のホメロス》といわれる著者が、アシジのフランチェスコの一生を描く。 ギリシャ軍事政権に故国を追われた著者は、本書の成立に ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/360頁
    • 定価 3,300円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-04916-3 C0023
    • 1997年10月9日発行