「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



エドゥアール・グリッサン

Edouard Glissant

1928年マルチニック生まれ。父親は砂糖プランテーションの会計官・監督官であったが、家は貧しかった。学業優秀で、島の名門シェルシェール高等中学校を卒業して、パリ大学に留学。哲学を専攻するが、学士号を取得した後、作家として立つ道を選んだ。ネグリチュード運動を興したエメ・セゼールの次の世代を狙う立場から、カリブ海人――主としてアフリカから連れてこられた黒人奴隷の子孫たちを念頭に置いている――はすべからくカリブ海にきちんと根を下ろすことから始めなければならないと説いて、西欧崇拝やアフリカ回帰に立脚したアイデンティティーの形成を批判した。作家・思想家としてのグリッサンは、シャモワゾーやコンフィアンといった若い作家たちに甚大な影響を及ぼしている。詩集に『インド』(1956)『黒い塩』(1960)、小説に『レザルド川』(1958)『第四世紀』(1964)、評論に『アンティル論』(1981)『関係性の詩学』(1990、邦訳『〈関係〉の詩学』インスクリプト刊)などがある。


 

エドゥアール・グリッサン の書籍一覧

  • 全-世界論
    全-世界論
    [著者] エドゥアール・グリッサン   [訳者] 恒川邦夫  
    「私の命題は、今日、全世界が列島化し、クレオール化しているということだ」(エドゥアール・グリッサン) クレオールあるいはクレオール化は現代世界のキーワードである。本書は、まさしくそ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/264頁
    • 定価 3,780円(本体3,500円)
    • ISBN 4-622-03088-8 C1010
    • 2000年5月12日発行